結婚式の大切なマナー!ご祝儀の渡し方のポイントは?

Pocket

c0b33f048be02108041121f40379e693_s

親しい知人から招待された、
初めての結婚式!

結婚式に出席する際には
ご祝儀袋を持参しますが、

お金に関する習慣ごとだけに、
マナーを知らずにいると、
常識がない人だなぁと
周囲から思われてしまいます。

そんな恥ずかしい思いは、
絶対にしたくないですよね。

そんなあなたのために今回は、
ご祝儀の準備から渡し方まで
大切なポイントについて、
お話ししましょう!

Sponsored Link

結婚式のご祝儀の準備をしっかりとしよう!

結婚式で渡すご祝儀の準備には、
いくつかの決まりがあります。

まずはこれらのポイントを、
しっかりと踏まえて準備しましょう。

◆ご祝儀袋の準備をしよう!

ご祝儀袋の水引は、
ほどけない結び方である
「結びきり」
を選ぶのが常識です。

表書き「寿」「御結婚御祝」とし、
その下に贈り主であるあなたの名前を、
フルネームで書きましょう。

また一般的に中に入れる金額が高いほど、
ご祝儀袋は華やかになるようですね。

この点はご祝儀袋のパッケージ裏に、
金額の相場が記載されている場合があるので、
こちらを参考に選ぶといいでしょう。

◆ご祝儀袋の中袋は?

中袋の表側の中央に「壱・弐・参」などの、
漢数字でご祝儀の金額を書きます。

また裏側の左下に住所と氏名を
忘れずに書きましょう。

◆現金は新札を用意しよう!

ご祝儀のお札は新しい門出に相応しい、
新札を用意するのが常識です。

新札を中袋に入れる際は、
表側にお札の人物が来るように
包むのがマナーですね。

結婚式当日にはこれらの事前準備が必要です。

マナー違反の無いように、
しっかりと準備してくださいね。

Sponsored Link

結婚式でのご祝儀の渡し方のマナーとは?

結婚式でいつご祝儀を渡すのか
初めての場合は分かりませんよね。

ご祝儀は披露宴前の受付
手渡すのが一般的となっています。

この時、ご祝儀袋を裸で出すのは、
正しいマナーではないので、
注意してください。

近年では気にされない方も多いようですが、
ご祝儀袋は袱紗(ふくさ)に包み、
袱紗から出して差し出すのが、
正しい渡し方のマナーなんです。

袱紗での包み方はとても単純です。

1.袱紗は角を上にして広げる
2.ご祝儀袋を中央より少し左側に置く
3.左、上、下、右の順で中に折り込む
4.右の余った部分を裏へ折り返す

また最近では取り出しやすい、
袋タイプの袱紗も販売しているのでとても便利!

これから先も使う機会があるものなので、
持ってない場合は購入するといいでしょう。

ちなみに受付でのご祝儀の渡し方は、
ご祝儀の表書きを受付側に向け、
両手で渡すのがマナーです。

またその際には、
「本日はおめでとうごさいます」
などと一言お祝いを告げて下さいね。

240118

まとめ

ご祝儀袋の渡し方一つのことですが、
守らなくてはならないマナー
いくつかあります。

結婚式でのマナー違反は、
自分が恥ずかしい思いをするだけではなく、
結婚する知人に迷惑をかけてしまう、
なんて場合もあるので注意が必要!

最低限のマナーは確実に守り、
結婚する2人の門出を失礼のないよう、
気持ちよくお祝いしましょうね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ