高速道路の渋滞予測!2016年のお盆休み ピークはいつごろ?

Pocket

66e970fb6605fb72ec3a3002903eca6a_s

今年の8月は山の日が国民の祝日として
新しく施行されることで、
お盆休みに合わせて長い連休
とりやすくなりましたよね。

多くの人が旅行へ行こうか、
それとも帰省しようかと
お盆の計画を立てていることでしょう。

しかし気になるのが渋滞!

特に車での移動を考えているなら、
高速道路の渋滞は出来るだけ
避けたいものです。

そこで今回は少しでも渋滞を避けるために、
今年のお盆の高速道路の渋滞予測と、
渋滞にハマった時の対処法について
簡単にお話ししましょう!

Sponsored Link

・今年のお盆休み!高速道路渋滞予測は?

一般的にお盆休みの時期
8月13日〜16日となっていますが、
今年は山の日が施行されるので、
8月11日から休みとなる人も多いですよね。

このことで帰省ラッシュは、
8月11日〜13日の間
比較的分散されるのでは?
と考えられています。

しかしその反面、お盆休みの最終日が、
16日に集中するので、
Uターンラッシュは例年通りの
大渋滞となりそうですね。

これらを考慮すると、
今年の高速道路の渋滞予想時間は、
次の通りになりそうです。

▼帰省ラッシュ
・8月11日(木)8時~12時頃
・8月12日(土)16時~19時頃
・8月13日(日)7時~12時頃

▼Uターンラッシュ
・8月15日(火)17時~20時
・8月16日(水)全般

多くの人が同じ行動をとるので、
お盆休みでの高速道路の渋滞は、
ある程度の覚悟は必要です。

どうしても渋滞を回避したい場合は、
混雑が予想されるポイントを、
深夜や早朝に通過するしかなさそうですね。

また複数のルートを想定して、
リアルタイムの渋滞情報を参考にし、
最適なルートを選ぶことも有効ですよ。

Sponsored Link

高速道路の渋滞にハマった場合はどうする?

では渋滞にハマってしまった場合、
一体どうしたらいいのでしょうか?

少しでも早く進む方法は次の通りです。

1.一番左側の車線を走る

サービスエリアの合流がある、
遅い車が走る車線というイメージから、
左車線を避ける車が多いようです。

その結果、逆に左車線の流れが
最も早くなるんですね。

2.サービスエリアの活用

サービスエリアがあったらすぐに入り、
そのまま本線に合流します。

そうすることで運が良ければ、
30台〜50台くらいの車を追い越し、
先に進むことができます。

3.バスやトラックについていく

プロのドライバーだからこそ、
高速道路の渋滞を早く抜ける方法を、
経験的に知っているものです。

バスやトラックについていくことで、
早く抜け出せる場合が多々あります。

ちなみにこれらの手を使っても、
正直なところ、
5分くらいしか時間短縮できません(苦笑)

渋滞にハマってしまったら覚悟を決めて、
車内で楽しく過ごすことに集中し、
疲労を軽減するのが一番良い方法
なのかも知れませんね。

7ee65d969282cfa7b6037d306b655c6c_s

高速道路の渋滞予測!2016年のお盆休み ピークはいつごろ? まとめ

高速道路の渋滞中での運転は、
本当に疲れるので避けたいものです。

高速道路の渋滞予測アプリや、
事前の準備、ルート対策を駆使して、
できるだけ渋滞にハマらないように
注意したいですね。

また同乗者も、
「遅い!まだつかないの?」
なんて間違っても言わないで、

「疲れてない?運転ありがとう」
などと、
運転手を気遣ってください

それだけで運転のストレスも軽減!

高速道路での渋滞も楽しむ余裕を持って、
お盆休みに出掛けて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ