台風の目の中はどうなっているの?晴れているって本当?

Pocket

台風

いよいよ台風が日本にやってくる、
厄介な季節が近づいてきました。

台風がやってくると、
暴風雨などが原因の
大きな被害に見舞われますが、

台風の中心である目の中に入ると、
暴風雨が急に小さくなり、
場所によっては晴れ間が見える
なんて話を聞いたことはありませんか?

これは一体どういうことなんでしょう。

そこで今回はちょっと不思議な
台風の目の中について
分かりやすくお伝えしましょうね。

Sponsored Link

台風の目とは一体なに?

俗にいう台風とは、
猛烈な熱帯低気圧のことを指し、
周辺からの空気が強く流れ込むことで
発生するとされています。

子供にも分かりやすく例えるなら、
洗濯機の水の渦です。

洗濯機の中の水を高速回転させ、
周囲の水を強く流れ込ませると、

遠心力の働きによって、
徐々に中心部が凹んでくることが
確認できませんか?

この状況が巨大になったものが台風で、
凹んだ中心部が台風の目に当たるんです。

つまり台風の勢力が強くなるほど、
外側へ引っ張る遠心力により、
中心に向かって風を吹き込めない、
台風の目と言う箇所が出来るんですね。

ちなみに天気予報などで発表される
台風の衛星写真を見ると、
勢力が強いほどはっきりと
台風の目が確認できます

台風の目の大きさも様々で、
20キロ〜200キロと、
台風の勢力によって
大きく変わってくるんですよ。

Sponsored Link

台風の目の中は晴れているの?

では台風の目の中は噂通り、
本当に晴れているのでしょうか?

台風の目の周辺は、
最も暴風雨の激しく危険な場所ですが、
実際のところ台風の目の中は、
無風状態の晴天となっています。

これは台風の目の中の気圧が一定なうえ、
風が中心部に入り込めないことで、
上昇気流が発生しないのが原因。

それにより積乱雲ができなくなり、
雨も降ることがない、
暴風も吹かない、
台風の目が出来上がるんですね。

ちなみに九州に住む私の知人が、
数年前、偶然に台風の目に入る、
貴重な経験をしています。

その友人の話では、
立って歩けないほどの暴風雨
急にピタッと止み、
無風状態の晴天になったそうです。

そしてホッとしたのもつかの間、
15分後には台風の目に入る前と
逆方向の暴風雨が吹いてきたとのこと。

自分の頭上にある台風の目の青空
周囲の黒い雨雲との差が大きくて、
なんとも不思議な感覚だったと
話していたのが印象的でした。

台風1

台風の目の中はどうなっているの?晴れているって本当? まとめ

台風の目は台風の勢力の大きさなど、
いくつかの条件が重なって
発生するものです。

そして台風の目の中は、
噂通りに晴天となっていました。

北海道在住の私の場合は、
台風の目どころか
台風の経験もほとんど無いので、
1度は台風の目に入ってみたい…

なんて不謹慎なことを
考えてしまいますが、
あくまで台風の目は台風の勢力が強い
危険な時にしか発生しないもの。

たとえ台風の目の中にいたとしても、
完全に台風が通過するまで、
十分な警戒をする必要がありそうですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ