風邪を引いてしまった時に役立つお風呂の入り方とは?

Pocket

bb84343fc97e3e7676fd334a09c1d224_s

風邪を引いてしまった時は
お風呂に入ってはダメ!

そう思っている人はいませんか?

実はこれ、昔の日本ならではの考え方。

昔は銭湯を利用する家庭が多く、
その帰り道で湯冷めをし、
風邪をこじらせてしまうことから
言われていた話だったようです。

そんな心配がなくなった現在では、
むしろ風邪の時の入浴には、
大きなメリットがあると
言われているからビックリ!

そこで今回は風邪を引いた時の
正しいお風呂の入り方
について、
しっかりとお伝えしましょうね。

Sponsored Link

風邪を引いても大丈夫!正しいお風呂の入り方とは?

基本的に風邪を引いていても
お風呂に入ることに問題はなく、
現在ではむしろ体に良いという考え方が
主流となっているようです。

これはお風呂に入ることで体温が上がり、
体が熱を逃がそうとすることで
無理なくゆっくりと体温が下がる、

また入浴にはリラックス効果があり、
自律神経の乱れが落ち着くことから
良いとされているんですね。

正しいお風呂の入り方としては、

・40度程度のぬるま湯にしっかりと浸かる
(但し半身浴は逆効果です)
・脱衣所を温めて入浴後
湯冷めで体が冷えないよう注意する
・入浴後は水分補給をし、
体が冷えないうちに布団に入って
睡眠をしっかりと取ること

これらを意識することで、
風邪の早い回復が期待できますよ。

しかしだからと言って
次のような状態の時は、
入浴を避けて安静に
寝るようにして下さい。

・38度以上の熱がある場合
・吐き気や酷い下痢の症状がある場合
・めまいや頭痛で起きるのも辛い場合

お風呂へ入ると、
思った以上に体力を消耗します。

あくまでも無理は禁物ですよ。

Sponsored Link

風邪の時はお風呂とシャワーどちらがいいの?

お風呂に入るのはちょっと面倒だから、
体の汗をシャワーで流そう。

なんて考えている人はいませんか?

実は風邪を引いている時のシャワーは、
体の芯まで温まらず湯冷めしやすいので、
オススメされていません。

どうしてもという場合は、
体が冷えないことを第一優先とし

・洗い場と脱衣所を温めておく
・汗を流すだけと割り切って
短時間ですませるようにする
・体力の消耗を避けるためにも
シャワーの水温は高くし過ぎない

以上の点を注意して下さい。

ちなみに子供が汗をかいた時は、
シャワーは避けて温かいタオル
体を拭く程度で我慢しましょう。

子供の場合は体力を消耗しすぎて、
風邪悪化の一因となるので
気を付けて下さいね。

6a04fea0dd525a3f8baf058bc83a9069_s

風邪を引いてしまった時に役立つお風呂の入り方とは? まとめ

正しくお風呂に入ると、
体がポカポカするだけではなく、
鼻通りが良くなり呼吸を楽にして
ぐっすりと眠ることが出来ます。

入浴後の体の冷えや水分補給には
十分な注意が必要ですが、
ぜひ正しいお風呂の入り方で、
風邪を早く治してしまいましょうね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ