スタッドレスタイヤの寿命は走行距離や年数の確認で大丈夫?

Pocket

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%b9%ef%bc%91

冬が近づくとカー用品店などで
よく見かけるスタッドレスタイヤ

北海道や東北地方など、
雪が降る地域には欠かせない
必需品となっていますが、

このスタッドレスタイヤの寿命
どのくらいか皆さんは知っていますか?

毎年「そろそろ買い替え時かなぁ」、
なんて交換の度に悩む人も多いのでは
ないでしょうか。

そこで今回はしっかりとチェックしたい、
スタッドレスタイヤの寿命の見極め方
についてお伝えします。

早速あなたのスタッドレスタイヤを
チェックしてみましょう!

Sponsored Link

走行距離でスタットレスタイヤの寿命を確認!

一般的に走行距離から見る
スタッドレスタイヤの寿命は、

雪が積もる地域では3万キロ~4万キロ
それ以外の地域では4万キロ~5万キロ

と言われています。

しかしスタッドレスタイヤの寿命で
重要なチェックポイントは、
走行距離ではなくタイヤの溝の減りです!

毎日雪道を走る地域の人の場合や、
万が一凍結道路になった時のために
スタッドレスタイヤを付けている人など、

使用状況が様々ならば、
タイヤの溝の減り具合も様々ですよね。

むしろ乾燥した道路を走る機会の多い
雪国以外の地域の方が、
スタッドレスタイヤの寿命が
短くなってしまう場合もあるんです。

このことから走行距離だけで
スタッドレスタイヤの寿命を見極めるのは、
大きな間違いということになるんですね。

ちなみに本来スタッドレスタイヤの溝
10㎜程度となっており、

その半分の溝が減ってしまうと、
スタッドレスタイヤとしての機能を
失ってしまうものです。

簡単な溝の深さの見極め方としては、
プラットホームというタイヤについている
溝の深さを確認するでっぱりを見ること。

このプラットホームがタイヤの溝と
同じ高さになったら交換時となります。

またプラットホームが見つからない場合は、
100円玉をタイヤの溝に差し込みましょう。

100円玉の「1」の数字が見えるならば、
こちらもタイヤの交換時となります。

これなら簡単にスタッドレスタイヤの
寿命のチェックができますよね。

Sponsored Link

使用年数とスタッドレスタイヤの寿命の関係は?

ほとんどスタッドレスタイヤで
車を走らせていないから、
溝もしっかりとしていて大丈夫!

と考えるのは早合点です。

実はスタッドレスタイヤは他のタイヤと比べ、
ゴムが柔らかいという特徴があります。

これは柔らかいゴムが氷の凹凸に沿って
密着することで、
車を止める大切な働きをするため。

ところがこのゴムの柔らかさは、
例え使用していなくても約3年で硬化してしまい、
新品時と比べ3割以上も劣化するとされています。

多くのタイヤメーカーが
3シーズンでの交換を推奨しているのは、
このことが大きな理由なんですね。

しかもこれは、
きちんとした保管をしていた場合の話です。

例え3年以内でも、
保管方法が悪いとゴムの硬化が進むので、
タイヤにひび割れができ、
パンクの原因ともなるので、
注意が必要なんですね。

タイヤ交換の時期には、
店頭の新品のタイヤとゴムの柔らかさを
比べてみることをオススメしますよ。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%ac%e3%82%b9%ef%bc%92

スタッドレスタイヤの寿命は走行距離や年数の確認で大丈夫? まとめ

スタッドレスタイヤの寿命を確認するには、

1.タイヤの溝がしっかりしているか
2.ゴムが硬くなっていないか

この2つが最重要です!

走行距離と使用年数
あくまで一般的な目安と考え。

安易に妄信しないことをオススメします。

スタッドレスタイヤのお値段は高いですが、
あなたや家族の命を守る大切なものです。

しっかりとしたチェックを怠らないよう、
注意して下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ