意外と高電圧の静電気!どうして感電しないのか知ってますか?

Pocket

%e9%9d%99%e9%9b%bb%e6%b0%97

ドアノブに触ると指先がバチッ!
セーターを脱ぐと体がバチバチッ!

地味に痛くて厄介なこの静電気ですが、
意外と高電圧ということを
みなさんはご存知でしょうか。

でもその割には感電などの大怪我をした、
という話は聞いたことありませんよね。

これは一体どういうこと?

そこで今回は、
静電気の電圧と感電しない理由について、
簡単に説明しましょうね。

Sponsored Link

静電気の電圧は一体どのくらいなの?

静電気で発生する電圧は、
一体どのくらいとなっているのでしょうか。

簡単にお伝えすると次の通りになります。

・ドアノブを触るときの静電気…約3,000ボルト
・セーターを脱ぐときの静電気…約2,000ボルト
・火花が走るときの静電気…約10,000ボルト

家庭用のコンセントの電圧が100ボルト、
死刑用の電気椅子が2,000ボルトと知ると、
その電圧の高さが分かりますよね。

ちなみに一般的な静電気の場合、
人が電気を感じるには1,000ボルト
チクッと痛みを感じるには3,000ボルトくらいの
電圧となるといわれています。

昔の歌で「君の瞳は10,000ボルト」
という有名な歌詞がありましたが、
10,000ボルトもの電圧の威力を考えると、
目が合うだけで痛いほどビリビリ
魂が抜けそうなほどしびれちゃった!

という気持ちが込められていたんだなぁと
よくわかりますよね(笑)

Sponsored Link

静電気で感電しない理由とは?

家庭用コンセントをイタズラした子供が
感電して大怪我をしたという話は時々耳にしますが、
静電気で大怪我をしたという話は全く聞きませんよね。

家庭用コンセントとは比べ物にならない
高い電圧の静電気なのにも関わらず、
感電や大怪我をしないのには、
しっかりとした理由があるんですよ。

それは電圧が高いのに反して、
電流が驚くほど小さいということ!

ちなみに痛みが走る
ドアノブに触れたときの電流は、
非常に小さい数ミリアンペアとなっています。

つまりどんなに電圧が高くても電流が少ないので、
掛かる電圧が一瞬となり指先がバチッとなるだけで、
致命傷にならずに済むというわけ。

もっと簡単に説明するならば、
滝行で考えてみて下さい。

電圧は滝の高さ、
電流は流れる水の多さとすると
どうでしょうか?

どんなに滝の高さがあっても、
流れ落ちる水の量が少ないと
修行にはならないですよね。

逆に滝の高さが低くても、
水の量が多くなると
とても辛い滝行になります。

つまりこの滝行と同じことが、
静電気でいえると言うわけなんですね。

どんなに静電気の電圧が高くても、
感電や大怪我をしない理由がわかると
ちょっと安心しませんか?

%e6%bb%9d%e8%a1%8c

意外と高電圧の静電気!どうして感電しないのか知ってますか? まとめ

静電気は私たちにとって、
とても身近な自然現象ともいえます。

だからこそ致命傷になるような
現象じゃなくて良かったと、
改めてホッとしますよね。

しかし静電気で怪我をしないのは
理解することができましたが、
やっぱりバチッとくる痛みは避けたいもの。

今年の冬は静電気を上手に予防し、
生活するよう心がけましょう。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ