元日と元旦と正月の違い!あなたはキチンと知っていますか?

Pocket

5013bfeebabe1f746a71f41ef7c27d1b_s

1年の最初の日である1月1日。

この日を「元日」「元旦」「正月」
という言葉で表現しますが、
実はこれらの言葉には
大きな意味の違いがあることを知っていますか?

意外と知らない人も多い
これら3つの言葉の使い分け。

日本人として間違った使い方をするのは、
ちょっと恥ずかしいですよね。

そこで今回はうっかり間違いやすい
「元日」「元旦」「正月」の
意味の違い
についてお伝えしますよ。

Sponsored Link

元日と元旦と正月の違いを知ろう!

「元日」「元旦」「正月」には
はっきりとした意味の違いがあります。

知ってしまえば簡単なことなので、
しっかりと覚えて下さいね。

◆元日

1年の最初の日である
1月1日を指す言葉です。

国の法律でも1月1日は、
年初めの国民の祝日として
元日を正式な呼び方と定めています。

つまり元日は1月1日の全時間帯、
1月2日になるまでの24時間を
表す言葉と言えるでしょう。

◆元旦

元旦の「旦」という漢字は、
地平線から昇った太陽を表現したものです。

この漢字が表す通り、
元旦は1月1日の日の出
つまり1年の始まりの朝
意味する言葉なんですね。

◆正月

現在では基本的に三が日である
1月1日〜3日までを、
また松の内の時期を
正月と呼ぶ人が多いですよね。

しかし本来の正月は
1月の別名とされている言葉で、
1月1日〜31日を表しています。

「元日」「元旦」「正月」は
混同して使われがちですが、
思ったより意味に違いがあるんですね。

Sponsored Link

年賀状では元日と元旦の違いに注意しよう!

年賀状は基本的に1月1日の朝
届くようにするのが礼儀ですよね。

だからこそ1月1日に届く年賀状は、
大抵午前中に配達されています。

なので年賀状の日付には、
「元日」ではなく「元旦」と書くのが
正しいとされています。

またもし年賀状の準備が遅れ、
1月2日以降に届くことになりそうな場合は、

元旦と言う言葉は避けて、
「謹賀新年」「1月吉日」
などの言葉を使うといいでしょう。

ちなみに間違いやすい書き方として
ぜひ注意していただきたいのが、
「1月1日元旦」というものです。

先に説明した通り、
「元日」や「元旦」という言葉には
すでに1月1日の意味が
含まれていますよね。

つまり「1月1日元旦」では、
意味が重複している
間違った書き方となってしまいます。

この場合は「平成○年元旦」と
書くのが正しい書き方です!

結構間違った年賀状を見かけるので、
みなさんは注意して下さいね。

466935

元日と元旦と正月の違い!あなたはキチンと知っていますか? まとめ

「元日」「元旦」「正月」の違いを整理すると、

・元日は1月1日の24時間
・元旦は元日の朝
・正月は1月全般

(但し現在は一般的に三が日か松の内までが主流)

ということになりますね。

今回お話しした、
「元日」「元旦」「正月」
の言葉の意味の違い
この機会にキチンと覚えましょうね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ