初夢はいつ見る夢を指すの?初夢の由来からお伝えします!

Pocket

sleeping-1311784_640

新年を迎えてから見る初夢の内容で、
これからの1年間を占う風習が
日本では根付いています。

でもいつから初夢の風習が始まったのか、
またいつ見る夢が初夢となるのか、
ハッキリと知っている人は
案外少ないんですよね。

そこで今回は知っているようで
意外と知らない、
初夢の由来やいつ見る夢を初夢と言うのか
について、わかりやすくお伝えしましょう。

Sponsored Link

一年を占う初夢の風習の由来は?

一年の運勢を占う初夢は、
実は日本ではなく中国から
始まったと言われています。

日本でも夢自体は昔から、
「神仏から与えられたもの」という
神聖な体験としてとらえられていましたが、

初夢や夢を占うという考えは
室町時代に中国から伝わり、
江戸時代に一気に庶民に
広がったものだったんですね。

ちなみに日本の文献で
最も古い初夢の記述は、
鎌倉時代の西行法師による
「山家集」の和歌となっています。

山家集が書かれた当時は、
春の始まりが1年の始まりだったので、
節分の夜に見る夢を初夢と呼んでいました。

ただ庶民に広がった江戸時代には、
現在のように元日が1年の始まりと
なっていたようですね。

Sponsored Link

初夢はいつ見る夢のことを言うの?

では実際にいつ見た夢
初夢と呼ぶのでしょうか。

実は庶民に初夢の風習が広がった
江戸時代初期の頃には、
次の3つのタイミングがありました。

◆大晦日の夜から元日の朝に見る夢

大晦日は除夜の鐘や正月準備に忙しく、
寝る時間がかなり遅く、
今でいう24時を過ぎてから
就寝する場合が多いので、
この時見る夢を初夢とした。

◆元日の夜に見る夢

1月1日の初日の出
歳神様を迎えるという風習から、
大晦日の晩は寝ないという人も。

なので元日の夜に見た夢を初夢として考えました。

◆1月2日の夜に見る夢

2日には書き初めや初商いなどの、
新年に行う行事が多く
とても忙しく動くことが多かったよう。

そこで落ち着くことができる
1月2日の夜に見る夢を、
初夢と呼ばれるようになった。

この3つの初夢のタイミングは、
江戸時代中期になるころには、

「2日の夜に宝船の絵を枕の下に入れ
寝るといい初夢を見られる」

という風習が広まったことも影響し、
1月2日の夜に見た夢が初夢として
定着していったようです。

つまり現在もこの影響が続き、
基本的には1月2日の晩に見る夢が
初夢を指すことになっているんですね。

ただし、現代の若い人を中心に、
1月1日午前0時以降
寝てみた夢は初夢と考える人も
増えてきているとか。

私もこちらのタイミングが
現在の初夢に合っていると思いますが、
みなさんはどう思いますか?

314357

初夢はいつ見る夢を指すの?初夢の由来からお伝えします! まとめ

基本的には1月2日の夜に
見た夢を初夢
と呼びますが、

年が明けて初めて見る夢全般を、
縁起物としての初夢と考えるのも
いいのではないでしょうか。

ちなみに良い初夢を見たときは、
誰にも話さず秘密に。

悪い夢を見たときは
すぐに家族や知人に話すといい、
と言われているようですよ。

どちらにしても年明けに
どんな初夢を見ることになるのか、
今からちょっと楽しみですよね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ