Pocket

クリスマスといえば、
恋をしている人にとって、
告白にもってこいの一大イベント!

ロマンチックな雰囲気で、
告白の成功率も高くなると言いますしね。

しかし気になるのは、
クリスマスとクリスマスイブ、
どちらのほうが告白に適しているのか?

ということ。

どうせなら、
少しでも上手くいきそうな日に告白をしたいですよね♪

そこで、ここではクリスマスとクリスマスイブ、
どっちに告白したほうがいいのか
について
詳しく見ていきましょう!

また、男女で気持ちに違いがあるのかどうか?
ということについても紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

Sponsored Link

クリスマスとクリスマスイブは告白するならどっち?

クリスマスクリスマスイブ告白

クリスマスに告白しようか、
それともクリスマスイブに告白
しようか。

そんな悩みを抱えている人のために、
それぞれの日に告白する
メリット・デメリットをまとめてみました。

◆クリスマスに告白するメリット

クリスマス当日に告白するメリットとしては、
“本気度が伝わりやすい”
という点が挙げられます。

近頃ではクリスマスイブも、
本番のクリスマスさながらの盛り上がりがありますが、
やはり本命はクリスマス
という考えの人は多いでしょう。

クリスマス当日の告白は、
自分がどれほど相手に本気なのか
ということが伝わりやすい日です。

◆クリスマスに告白するデメリット

クリスマスの告白には、
どんなデメリットがあるのかと言うと、
“他の人に先を越される可能性がある”
という点です。

他に意中の相手のことを好きな人がいて、
その人がクリスマスイブに告白して付き合いだしてしまった、
というパターンもよくある話。

「自分のほうが先に告白できていたら…」
なんて後悔してしまう可能性があるのです。

さらに、
もしクリスマスを一緒に過ごしてから告白というプランの場合、

「ケーキは昨日食べたからいらないし、
イルミネーションもツリーももう見に行った」

と、何をしても盛り上がらないという危険も。

そうなると、
告白の成功率はグンと下がってしまうでしょう。

◆クリスマスイブに告白するメリット

クリスマスイブに告白するメリットは、
晴れて恋人同士となった時、
翌日のクリスマスを恋人として過ごせる
という点が大きいですね。

仮にクリスマス当日には会えなくても、
精神的に“一人ぼっちのクリスマス”と
“恋人のいるクリスマス”
では全然違ってきますよね。

◆クリスマスイブに告白するデメリット

クリスマスイブに告白するデメリットは、
万が一告白に失敗して振られてしまった場合、
“失恋のうえ1人ぼっちのクリスマス”
という二重苦となってしまうこと。

また、例えば翌日に友達とのパーティーなどに誘われていても、
もしかすると恋人と過ごすことになるかも
という思いから、
予定が入れにくいという点も挙げられます。

Sponsored Link

クリスマスやクリスマスイブの告白に対する男女の気持ちの違いは?

“男性はクリスマスに告白されたほうが嬉しい”
“女性はクリスマスイブの告白のほうがロマンチックに感じる”

なんて情報があれば、
それにさえすがりつきたいのが、
告白をする人の心理。

しかし結論から言ってしまうと、
クリスマスとクリスマスイブのどちらに告白するかということに、
男女間の気持ちの差はありません。

あるのは“個人差”なので、
告白する相手がどんなシチュエーションが好みなのか?
どんな予定でクリスマスやイブを過ごすのか?
などを考慮しながら、告白する日を決めてください。

それさえきちんとできていれば、
告白が成功する確率はグッと上がるはずですよ!

クリスマスとクリスマスイブは告白するならどっち?男女の違いは? まとめ

クリスマスとクリスマスイブ、
どっちに告白したらいいのか
について、
メリットやデメリットを紹介しました。

それぞれメリットもデメリットもあるので、
相手の気持ちや状況をよく考えて選びましょう。

どちらにしてもクリスマス・クリスマスイブは、
告白の成功率の高い日なので、
勇気を出して頑張ってみてくださいね!

Pocket