Pocket

クリスマスイブと言えば、
クリスマスの前日である12月24日ですよね。

そのため、“イブ”という言葉は
“前日”というような意味で使われることもしばしば。

12月23日はクリスマスの前々日なので、
“クリスマスイブイブ”
なんて言いますよね。

ですが本当のクリスマスイブは、
単に12月24日のことを指すのではありません。

そしてイブという言葉は、
前日という意味でもないです。

今回は、
クリスマスイブはいつからいつまでなのか、
そしてイブの本当の意味や由来
について紹介します。

Sponsored Link

クリスマスイブの本当の意味と由来とは?

クリスマスイブ

クリスマスという言葉は、
“Xristos(キリスト)+mas(ミサ・礼拝)”
が元となっています。

そしてクリスマスイブの“イブ”は、
Evening(イブニング)の元である“Even”が語源

イブニングとは夜のことなので、
クリスマスイブとは直訳すると、
“クリスマスの夜”ということになります。

それでは、クリスマス当日である、
12月25日の夜がクリスマスイブなのか?
と、疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、本当のクリスマスイブは、
そうではないです。

それでは、
クリスマスはいつからいつまでなのか?
次の章で詳しく解説しましょう!

Sponsored Link

クリスマスイブはいつからいつまで?

それでは本題である
“クリスマスイブはいつからいつまでなのか?”
について解説しましょう。

イブの語源や由来を踏まえると、
クリスマスイブという言葉が指すのは、
12月24日の日没~日付が変わる深夜0時ごろまで。

12月24日の朝や昼は、
まだクリスマスイブではない、
ただの平日ということです。

ましてや12月23日がクリスマスイブイブなんて、
本当のイブの意味を知っていたらちょっと恥ずかしいですね。

しかも現在12月23日は天皇誕生日なので、
日本人としてはそちらの方を
きちんと頭に入れておきましょう。

◆クリスマスは24日の日没から始まる

「クリスマスはいつですか?」と聞かれたら、
多くの人が「12月25日」と答えるでしょう。

しかしそもそもの前提として、
“12月25日がクリスマス当日である”
という認識がまず間違いです。

本来のクリスマスとは、
12月24日の日没に始まり、
12月25日の日没に終わり
ます。

つまり12月25日の夜には、
既にクリスマスが終わっているということですね。

これはキリストの誕生が祝われ初めた時に使われていた、
ユダヤ暦の考え方によるもの。

今でこそ1日は深夜0時に始まるとされていますが、
ユダヤ暦では、
1日は日没に始まり日没に終わると考えられていたのです。

昔は今のようにきちんとした時計がないので、
はっきりと1日の終わりを感じられるのが
日没だったのでしょう。

昔と現代では、
時間についての考え方もずいぶん変化していますね。

◆プレゼントを置くのは24日の夜

クリスマスやクリスマスイブがいつなのか分かれば、
多くの親御さんが頭を悩ませる
“プレゼントを置くのは24日の夜?25日の夜?”
という問題もスッキリと解決できます。

クリスマスイブの夜にプレゼントを置き、
クリスマスの朝に開けるというのが正解ですね!

Sponsored Link

クリスマスイブの過ごし方

日本では“恋人と過ごす日”
というイメージの強いクリスマスイブ

しかし海外の方々から見ると、
日本のクリスマスイブというのは
ちょっと異様に見えるようです。

元々クリスマスはキリスト教の宗教行事なので、
欧米ではキリスト教徒以外が
盛大にお祝いすることは少ないそう。

そしてキリスト教徒の人々は、
クリスマスイブは教会のミサに足を運んだり、
家族でお祝いをしたりするのが一般的。

そしてそのまま夜通しおしゃべりをしたり、
次の日にパーティーを開くなど、
日本で言う大晦日とお正月のような感覚で過ごします。

国内でも日本各地の教会でミサが行われているので、
興味がある人は一度足を運んでみるのもいいですよ。

信徒以外にも参加している人はたくさんいます。

ぜひクリスマスイブらしい、
厳かな雰囲気を体感してみてください。

クリスマスイブはいつからいつまで?イブの意味や由来は? まとめ

クリスマスイブの意味や由来、
クリスマスイブがいつからいつまでなのか、

について紹介しました。

いかがでしたか?

クリスマスは今や日本でも定番のイベントですが、
その本来の意味や由来を、
今一度考え直してみるのもおすすめです。

イブは前日という意味だと勘違いしている人も多いので、
この機会にしっかりと意味を覚えておきましょう!

Pocket