Pocket

春といえば、卒業・入学のシーズン。
そして、出会いの季節ですね。

新しい高校生活のスタートとなる入学式で、
私服通学の高校では、
どんな服装で出席すればいいでしょうか?

普段の授業はカジュアルな服装ですが、
入学式は制服がない分、服装選びに迷います。

この記事では、私服高校の入学式にふさわしい服装を、
男女別に紹介します。

参考にして、入学式の準備をすすめましょう。

Sponsored Link

私服高校の入学式におすすめの服装:男性編

男子生徒は、服装に無頓着な子が多いですよね。

式典にふさわしく、
周囲と比べて浮いた服装にならないように、
入学式の服装を整えましょう。

まず確認すべきなのが、学校指定の服装があるかどうか。

学校によっては、
「スーツ着用」や「学校指定の標準服」、「中学校の制服」、
といった指示がある場合があります。

私服通学の高校は、様々な校風や校則があるので、
事前に確認しておきましょう。

男性の入学式の服装にふさわしいのは、
やはりスーツです。

スーツを着用すれば、
礼儀をわきまえたきちんとした服装になりますよ。

入学式の服装について指示がない学校でも、
スーツであれば、
目立って浮いてしまうことはありません。

スーツの色は、
紺やグレー、黒系にして、
派手な色や柄のスーツは避けましょう。

入学式で、スーツを初めて購入する場合、
高校3年間で身長が急激に伸びる子が多いので、
高価なスーツは必要ありません。

リクルートスーツを1着揃えれば十分ですよ。

次に、
スーツに合わせるYシャツ・ネクタイ・靴を用意。

Yシャツは白無地のものがおすすめで、
清潔感があり、
なにより白色は式にピッタリの色です。

柄は、細かく目立たないストライプ程度なら、
入っていても問題ありません。

ネクタイは、派手過ぎず年相応の色と柄であれば、
好みのデザインを選んでいいですよ。

紺やグレーなどの控え目な色や、ストライプ柄、
明るい水色やピンク色、黄色などのさわやかなカラーも、
若々しく春らしい印象を与えてくれます。

は、スニーカーなどの上履きの指定がある場合は、
校内ではスニーカーを着用し、外履きは革靴を準備。

上履き持参の指示があるかどうか、
あらかじめ、学校に確認しておきましょう。

スーツ着用だと、ベルトも必要になるので、
用意するのを忘れずに!

Sponsored Link

私服高校の入学式におすすめの服装:女性編

「おしゃれができるから私服通学の高校に行きたい!」
という動機で進路を決めた女子生徒もいますよね。

入学式はかわいい自分らしい服装で参加したいでしょうが、
TPOをわきまえた服装で出席することが大切!

学校の先生や保護者だけでなく、先輩方も見ています。

これからの3年間を考えると、
目立ちすぎる服装は避けた方がいいですね。

まずは、学校の指定があるかどうかを確認。

服装の指定がない場合、
女性にもおすすめなのがスーツです。

制服のようなデザインの、
ブレザー、プリーツスカートをコーディネートしてもよいですが、
スーツが1着あれば便利に使えますよ。

法要などで礼服代わりに着たり、
ジャケットのみを着回したりと、
入学式以外でも活用できます。

スーツは、パンツスーツだと大人っぽい印象になるので、
スカートのスーツがおすすめ。

靴はパンプスでOKですが、
履きなれていないので、
低めのヒールにしておきましょう。

インナーのシャツは、
入学式なので華やかさをプラスしたいですね。

白無地のシャツでもいいですが、
フリルやリボンなどのデザインがあるシャツを選ぶと、
それだけで印象が違います。

ネックレスやピアスなどのアクセサリーは、
いくら私服高校といっても、
入学式にはふさわしくないので控えましょう。

私服高校の入学式!ふさわしい服装は?男女別おすすめを紹介! まとめ

私服高校の入学式の服装について、男女別に紹介しました。

男女ともスーツ着用が、
入学式という場にふさわしい服装になりますね。

入学式が終わってからの平時の服装も、
どんな格好で登校するか、始めは迷ってしまいますが、
先輩や同級生の服装をチェックしておきましょう。

自由な校風が多い私服高校ですが、
入学式は儀式にふさわしい服装で参加し、
入学式が終わってから、私服での登校を楽しんでください!

Pocket