Pocket

私立高校といえば、
学習のサポートが充実し、課外活動の機会が多く、
私立ならではの様々なメリットがあります。

保護者の皆さんは、
私立高校のメリットだけでなく、
シビアに考えなければならないのが、
なんといっても入学金や学費などの費用面の問題。

この記事では、
私立高校入学の入学時にかかる費用と、
3年間でかかるトータルの費用の目安を紹介します。

これからお子さんを、
公立と私立のどちらに通わせようか、
迷っている方は参考にしてください。

Sponsored Link

私立高校の入学時の費用はいくら必要?

▼入学金:15~25万円程度

入学手続きの際に必要。

通う高校によって、5~50万円程度と、
金額にかなりの幅があります。

平均すると、
15~25万円くらいになるでしょう。

▼制服:15~20万円程度

指定用品の品目や校風によって差がありますが、
制服一式・体操服一式をそろえた場合の目安です。

▼授業料:30~40万円程度(年額)

住んでいる地域や通う学校によって、
授業料についても金額に開きがあります。

学校のホームページなどで公開されているので、
確認しておくといいでしょう。

▼学校納付金:20~25万円程度(年額)

公立高校と比較すると、
学校納付金の負担がかなりの金額になります。

▼その他学校に払う費用:15~20万円程度(年額)

内訳は、修学旅行の積み立て、
教材費、教科外活動費
など。

▼通学関係費:10~20万円程度(年額)

自宅から離れた高校に通う場合に必要なのが、
通学定期券。

私立高校に通学するとなると、
遠方からくる子供が多くなります。

▼部活動関連の費用:3〜10万円程度(年額)

私立高校は、
部活動への入部が必須ではない高校がほとんど。

部活動に力を入れている学校は、
道具代だけでなく、
遠征費がかなりの額になります。

Sponsored Link

私立高校の3年間でかかるトータル費用はいくら?

入学時に必ず納める費用をまとめましたが、
3年間でかかるトータル費用は、
一体いくらになるのか?

年額で示した授業料などで、
2年生・3年生でかかる費用は、
それぞれ90万円程度

初年度は入学金・制服代がかかるので、
1年生では120万円程度の見積りになります。

あくまで大まかな概算ですが、
3年間のトータルで、
約300万円かかる計算になります。

これに加え、学習塾や習い事に通うとなれば、
3年間で350~400万円は必要になるでしょう。

私立高校はお金がかかるイメージがありますが、
改めて計算してみると、
高額なお金が必要になるのが分かりますね。

公立高校と比較すると、
その差は約3倍。

私立高校の魅力は、
学習サポートの手厚さや、カリキュラムの充実など、
子供にとって学習環境が整備されている事。

それでも、
費用がかなり高額であることは無視できません。

さらに、毎日の昼食代やお小遣い
3年生になると受験対策の費用がかかるので、
トータルの費用はもっと増えるでしょう。

私立高校に通わせるのならば、
金銭面は「このくらいかかるのは当然」、
と割り切って考えた方が、
気が楽かもしれませんね。

前もって計上できる、
学費などの費用以外にも、
急な出費にも対応できるよう、
今から家計のやりくりを考えておく必要がありますよ。

私立高校の入学にかかる費用!3年間でいくら必要になる? まとめ

ここまで、私立高校にかかる費用をまとめましたが、
いかがでしたか?

予想以上に高額だ、
という印象を持ったのではないでしょうか。

高校の授業料に関しては、
高等学校等就学支援金の制度があります。

これは、一定の所得制限がありますが、
助成金がもらえる制度で、
公立高校だけでなく、
私立高校でも受けることができます。

また、高校生等奨学給付金制度という、
返済不要の奨学金もあるので、
条件等を確認してみましょう。

このような国や自治体の助成金については、
制度の内容がたびたび変更されるので、
高校への進学が近くなったら、
チェックしておきましょう。

私立高校に子供を通わせるには、
多額のお金が必要になります。

高校になると、
アルバイトができるようになるので、
子供にも空いた時間にアルバイトをさせ、
働いてお金を稼ぐ事を学ばせるのも、
いい社会勉強になりますよ。

いずれにしても、
私立高校に通うために必要な費用は、
前もって準備できるようにしておきましょうね。

Pocket