Pocket

バレンタインは、
女性が意中の男性へとチョコレートを贈る日。

ですが世の中には“義理チョコ”という風習も根付いており、
恋愛的な感情は抜きにして、
職場の男性へチョコを贈るのも一般的です。

しかしこれがなかなか厄介な風習。

チョコを贈る側の女性としては、
“もう渡さなくてもいいんじゃないの?”
なんて思っている人も多いでしょう。

そこで、職場で義理チョコを渡さないのはありか?
という疑問について、
男性の本音
をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

職場で義理チョコを渡さないのはあり?男性の本音をリサーチ!

職場義理チョコ渡さない

じつは義理チョコ
女性にとっても賛否両論の風習。

用意するのが面倒だし、
義理チョコを渡すことでかえって相手に気を遣わせるのも悪い、
と考える人も増えてきています。

果たして男性側は、
それでも義理チョコが欲しいと思っているのか、
それとも女性と同じように面倒だと思っているのか。

こちらのページでは、
“義理チョコを貰ったら嬉しい?正直迷惑?”
というアンケート結果が載っています。

https://www.ibjapan.jp/information/2018/01/report.html
(引用:IBJ)

このアンケートを見ると、
じつに68%もの男性が、
“義理チョコをもらうと嬉しい”
と回答しているのがわかります。

大多数の男性は、
義理とは言えチョコをもらうことを
好意的に捉えているようですね。

迷惑だという意見も3割以上あるので、
義理チョコを渡さないのが“あり”か“なし”かという質問の答えは、
“あり”でしょう。

しかしたとえ義理でも
チョコをもらうのは嬉しいという人が多いので、
渡すほうが職場の人間関係も円滑になりますよ。

Sponsored Link

バレンタインのおすすめ義理チョコBEST5!

義理チョコに重要なのは、以下の3点。

  • 義理だということが一目瞭然
  • コストがかかりすぎない
  • お返しに気を遣わせないものであること

これらの点を踏まえた上で、
おすすめのチョコレートを5つ紹介します!

◆ゴディバのチョコレート詰め合わせ

ゴディバは高いというイメージがありますが、
詰め合わせを買って休憩時のおやつとして配れば、
コスパは最高です。

お返しにも気を遣わせないし、
それでいてハイブランドなので“きちんと感”もありますよ。

ゴディバのチョコは味だけでなく見た目も良いので、
もらう方も「どれにしようかな?」と
ワクワクしながら選ぶことができますね!

◆チロルチョコ

義理チョコというものは、
はっきりと“義理ですよ”ということがわかるのが大前提。

その点、チロルチョコは絶対に本命とは思われないので、
うってつけです。

堅い職場には向いていませんが、
フランクな雰囲気の職場ならおすすめ。

子供の頃の懐かしさが蘇って、
場が盛り上がりますよ!

◆キットカットショコラトリー

普段コンビニやスーパーでよく目にするキットカット
そのハイブランド版が“キットカットショコラトリー”

見栄えも食べごたえも、
通常版とは一線を画しています。

義理感を前面に出しつつ、
ちゃんとしたものを贈りたいという人におすすめ。

◆モロゾフのチョコレートアソート

コスパで選ぶなら、
モロゾフのチョコレートアソートが1番でしょう。

500円以下で3~9粒入り、
見栄えも味も良いものが買えるのは魅力的!

じつはモロゾフは、
日本で初めてバレンタインチョコを発売したお店でもあり、
バレンタインにはぴったりですよ。

◆フェレロロシェのチョコレート

低価格でありながら、
高級感があるものを贈りたい…。

そんな人におすすめなのが、
フェレロロシェのチョコレート

もちろん味も良いので、
義理チョコにはぴったりです。

バレンタイン!職場で義理チョコを渡さないのはあり?男性の本音は?まとめ

バレンタインに職場で義理チョコを渡さないのはあり?
という疑問についてまとめていきましたが、
いかがでしたか?

やはり男性の本音は、
“もらうと嬉しい”が大多数
でしたね。

ですが、もちろん義理チョコを渡さないのもありです。

もしも義理チョコ選びが苦になっているなら、
ぜひ上で紹介したものを参考にしてみてくださいね。

Pocket