Pocket

11月15日は七五三の日

ですが、
その日にピンポイントでお参りに行くのは、
なかなか難しいです。

どのタイミングでお参りに行けばいいのかは、
頭を悩ませるところ。

10月〜11月にかけては参拝客が多いため、
混雑を避けて、
時期外れにお参りに行きたいですよね。

今回は、七五三のお参りは、
いつからいつまでに行けばいいのか?
時期外れでも問題ないのか?

などの疑問についてまとめてみました。

七五三のお参りのタイミングで迷っている人は、
ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

七五三のお参りはいつからいつまで?

七五三

まず “七五三の日”というのは、
11月15日になります。

基本的には、
この日にお参りをするのが昔からの習わし。

現在では、10月〜11月の間で、
都合のいい時にお参りするのが一般的ですね。

これは単に、
七五三の日の前後というだけではなく、
気候的にもピッタリという理由もあります。

9月は台風が来たり、
まだ着物を着るには暑かったりするし、
12月に入ると雪の心配も。

七五三のお参りをするなら、
“10月上旬〜11月末まで”
が、最も適した時期と言えますね。

神社へ出向いても、
周りに同じような七五三の参拝客が大勢いるので、
その場で浮くこともありませんよ。

Sponsored Link

七五三のお参りは時期外れでも問題ない?

10月〜11月に、
七五三のお参りをする理由はわかっても、
どうしてもタイミングが合わなければ、
時期外れにお参りをするしかありません。

もしかすると、
時期外れの祈祷は受け付けてもらえないのでは?
と心配になる人もいるでしょう。

しかし安心してください。

基本的に多くの神社では、
1年を通して七五三の祈祷を受け付けています。

ある程度、
七五三の期間を設けているところもありますが、
その期間のほうがよりスムーズに祈祷をお願いできる、
程度に考えておけば大丈夫ですよ。

ただし、8月〜12月以外の、
あまりにも時期外れの場合、
予約が必要なこともあるので、
念の為事前に確認しておきましょう。

時期による七五三のお参りのメリット・デメリット!

時期外れのお参りでも
大丈夫ということがわかりましたが、
時期外れのお参りには、
それなりのデメリットもあります。

ここからは、
時期外れにお参りをすることによる、
メリットとデメリットをまとめました。

七五三のお参りの時期を外したい場合の、
参考にしてみてくださいね。

◆メリット

▼混雑しない

時期外れのお参りは、
混雑しないというのが何よりのメリット。

時間を気にせず、
ゆっくりとお参りをすることができますよ。

◆デメリット

▼衣装と気候が合わない

洋装ならあまり問題はないですが、
和装の場合は気候の問題が大きくなります。

暑すぎる時期や寒すぎる時期
また天気が崩れやすい時期には
衣装によって不快感が生じてしまうことも。

▼お得なプランが使えない

衣装レンタルや写真撮影では、
七五三の時期限定のキャンペーンや、
お得なプランを打ち出しているところが多いです。

時期外れになると、
それらのキャンペーンやプランが使えないので、
少々割高になってしまいます。

また、オフシーズンには、
レンタル衣装がクリーニング中
ということがあるので、
衣装の選択肢が少ない可能性があります。

▼千歳飴がもらえない

千歳飴は、
年中製造しているものではないので、
時期外れだともらえない場合もあります。

千歳飴は子どもにとって、
七五三の主役と言っても過言ではないので、
事前に神社に確認しておくと安心ですね。

あらかじめ、
自前で用意しておくのもいいですよ。



時期外れの七五三は、
混雑を避けられるというメリットがありますが、
デメリットも少なからずあります。

それらを踏まえて、
七五三のお参りをするタイミング
よく考えてくださいね。

七五三のお参りはいつからいつまで?時期外れでも問題ない? まとめ

七五三のお参りはいつからいつまでなのか?
時期外れでも問題ないのか?

について紹介しました。

いかがでしたか?

時期外れでも、
基本的にお参りも祈祷もOKというのは
とても助かりますよね。

何らかの事情で、
10月や11月にお参りができない時には、
その他の時期で予定を立てましょう。

お子さんの体調や、
親御さんのスケジュールなど、
それぞれの最適な時期に、
七五三のお参りをしてくださいね。

Pocket