Pocket

七五三は3歳、5歳、7歳のお祝いですが、
女の子の場合は3歳と7歳。

早生まれではない子の場合は、
年長時、もしくは小学1年生で行います。

しかし早生まれの子は、
数え年の場合でも小学1年生になってから。

お友達と合わせて年長でするか、
年齢通り小学生になってからやるか、
悩んでしまいますよね?

そこで、
早生まれの女の子の7歳の七五三について、
年長がいいのか、小学1年生がいいのか、
それぞれのメリット・デメリット
などを紹介します。

早生まれの女の子がいる場合は、
ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

早生まれの7歳の女の子の七五三!年長時にする場合は?

七五三

早生まれの女の子が、
年長で七五三をする場合、
数えでも6歳です。

まだ早いかな?とは思いますが、
お友達には年長でやる子も多いし、
と悩んでしまいますよね。

年長での七五三をする時の、
メリット・デメリットを見てみましょう。

◆年長で七五三をするメリット

年長で七五三を行うメリットは、
やはりお友達と話が合う
というのが大きいですね。

年長さんにもなれば、
お友達と七五三の話で盛り上がったり、
写真を見せ合ったりすることもあるでしょう。

年長で七五三をしていないと、
みんなが七五三の話をしている中で、
羨ましいと感じたり、
疎外感を感じたりしてしまうかもしれません。

「みんなと同じがいい!」
とお子さんが主張するならば、
年長時に七五三をおすすめします。

また、親御さんにも1つメリットが。

それは小学生に比べて、
スケジュールの融通がききやすいということ。

土日の参拝は混雑するし、
写真撮影やレンタル衣装の予約も押さえにくく、
料金も割高。

平日に七五三がしたい!
と思っている人も、
年長時に行うのがおすすめですよ。

小学生になると、
休みは基本的に土日祝しかありません。

園児の場合は親の裁量で、
平日に園をお休みすることもできます。

七五三でのお休みなら、
園の方も喜んで承諾してくれますよ。

◆年長で七五三をするデメリット

年長で七五三をするデメリットは、
年長の1年は忙しいということ。

卒園や小学校入学に向けての準備、
それに付随するイベントがたくさんあります。

通常の運動会や学芸会でも、
年長さんは子どもも親もやることや覚えることが多く、
大変ですよね。

そのため、
ゆっくりと衣装を選んだり、
余裕を持って七五三を行うのは、
なかなか難しいです。

好きな衣装を選びたいなら、
年長時ではなく、
小学1年生で七五三をするようにしましょう。

また、早生まれで、
体がまだ大きくない子の場合、
7歳用の衣装が合わないことも。

お子さんが小さめで、
なおかつ衣装にはこだわりたい!という人は、
小学1年生になってからがいいですよ。

Sponsored Link

早生まれの7歳の女の子の七五三!小学1年生でする場合は?

それでは次に、
小学1年生で七五三を行う場合の、
メリットやデメリット
を見てみましょう。

◆メリット

小学1年生での七五三の時期は、
新生活にも慣れ、
段々と余裕が出てくるころですよね。

そのため、
親子ともに余裕を持って、
七五三を行うことができます。

遅生まれの子でも、
満年齢の小学1年生で行う子もいるので、
仲の良いお友達と同じタイミングでできて、
お子さんも満足しますよ!

◆デメリット

デメリットとしては、
“歯の生え変わり”
と、かぶる可能性が高いです。

乳歯の生え変わりが始まる平均年齢は6歳。

もちろん個人差はありますが、
小学生になってからだと、
常にどこかの歯が抜けた状態!
なんて事も。

お参りと同時に記念写真を撮影するなら、
まだ歯が抜け始めていないうちに、
七五三を済ませておくといいですね。

逆に、
前歯など目立つ場所の生え変わりが終わる、
小学2年生になってから、
というパターンでも大丈夫ですよ。

七五三

七五三!早生まれの7歳の女の子は小学1年生と年長どっちがベスト? まとめ

早生まれの7歳の女の子の七五三について、
年長と小学1年生の、
メリット・デメリット
をまとめました。

上で挙げたメリット・デメリットの他にも、
兄弟との兼ね合いや、
本人の体格などを考慮して、
タイミングを決める人が多いですね。

七五三の主役は子供なので、
よく相談をしてください。

どちらを選んでも間違いではないので、
お子さんにも親御さんにも、
素敵な思い出になるような七五三にしましょう!

Pocket