Pocket

毎年、東京都江東区にある、
富岡八幡宮で開催される深川八幡祭り

神田祭や山王祭と並んで、
江戸三大祭にも数えられる、
東京を代表するお祭りです。

水かけ祭りとも呼ばれていますね。

その深川八幡祭りですが、
2018年は3年に1度の御本社祭りの年。

宮神輿が担がれ、
例年とは違った盛り上がりを見せてくれますよ♪

今回はそんな深川八幡祭りについて、
日程や見どころ、
屋台の出店時間
などについて調べてみました。

ぜひ参考にしてみてください!

Sponsored Link

深川八幡祭りの日程は?気になるスケジュール表はこちら!

深川八幡祭り

深川八幡祭りの今年の開催日程は、
まだ正式には発表されていませんが、
8月11日~15日と予想されます。

例年から予測される
スケジュールは以下の通り。

▼8月11日

13:30 歌謡
16:00 富岡八幡宮太鼓の宴

▼8月12日

7:30 各町神輿連合渡脚(16時頃到着予定)
16:30 空手道
18:00 少林寺拳法
19:30 太鼓と舞

▼8月13日

13:00 琴・三味線演奏
15:30 大正琴
16:00 日本舞踊
17:30 ジャズ演奏
19:00 葵太鼓

▼8月14日

14:00 祟敬会員参拝
15:00 舞楽
16:30 能舞台
18:30 おどり

▼8月15日

11:00 例祭祭典
14:30 三代目コロムビアーズ
17:30 琴
18:00 お茶席
20:00 ガムラン演奏と舞踊

こちらは昨年のスケジュールですが、
大きな変更がなければ、
今年もこのようなスケジュールで開催されるはず。

詳細は、公式サイトを参考にしてください。

深川八幡祭り公式サイト
http://www.baynet.ne.jp/fukagawamatsuri/

深川八幡祭りの中心部、
富岡八幡宮へは電車を利用すると便利ですよ。

営団地下鉄東西線 「門前仲町」駅より徒歩3分
都営地下鉄大江戸線 「門前仲町」」駅より徒歩6分
JR京葉線 「越中島」駅より徒歩15分

Sponsored Link

深川八幡祭りの見どころは?

深川八幡祭りといえば、
「ワッショイ!ワッショイ!」
という掛け声と、大量の水。

水かけ祭りとも言われるくらいなので、
担ぎ手はもちろん、観客も濡れます

なので、濡れることを覚悟して、
見に行くようにしてください。

女性の方は、
濡れても透けにくい服装で行くようにしましょう。

もちろん、神輿も大迫力!

深川八幡祭りの神輿は50基ほどの数があり、
水を浴びながら街を練り歩きます。

この独特の熱気や迫力は、
他のお祭りではなかなか味わうことができませんよ♪

深川八幡祭りの屋台の出店時間はいつ?

深川八幡祭りには、
たくさんの屋台が出店します。

その数なんと約200件!

門前仲町の永代通りから、
深川不動尊に続く参道に立ち並びますよ。

200店もあれば、
定番のグルメからゲームまで、
目当ての屋台はだいたいそろっていますよね。

B級グルメなども多く出店されているので、
ぜひチェックしてみてください!

例年、屋台が出店されるエリアは、
以下の通り。

●富岡八幡宮境内~参道
●深川不動尊の境内~参道
●富岡八幡宮~深川不動尊の通り
 (富岡斎場前)
●深川公園
●永代通りの富岡八幡宮付近

気になる屋台の営業時間ですが、
9:00~21:00頃

開店し始めより、
お昼時のほうが活気があるので、
より楽しめますよ♪

深川八幡祭りの交通規制は?

深川八幡祭りでは、
神輿が巡回する日曜日に交通規制が敷かれます。

巡回するルートによって変わりますが、
主な規制場所は、

  • 門仲交差点〜木場五交差点(6:30〜17:00)
  • 資料館通り(8:30〜11:30)
  • 清澄・清洲橋通り(9:00〜11:30)
  • 日本橋中洲・箱崎町内・箱崎湊橋通り
    (9:30〜13:00)
  • 箱崎湊橋通り・明正通り(10:00〜15:00)
  • 永代通り(11:00〜17:00)

となります。

その他にこれらの通りにつながる道も、
規制対象になるので注意してください。

深川八幡祭り2018!日程や見どころは?屋台の出店時間はいつ? まとめ

今年の深川八幡祭りについて、
日程や見どころ、
屋台の時間や交通規制
などを紹介しました。

いかがでしたか?

深川八幡祭は、
約370年もの歴史を誇る伝統的なお祭り。

水に濡れてもいい服装を準備して、
ぜひ歴史ある深川八幡祭りに足を運んでください!

Pocket