LINEで送る
Pocket

節分には豆まきをする風習があります。

特に小さな子どもさんがいるご家庭では、
盛り上がるイベントですね。

そんな豆まきですが、
“渡辺さん”と“坂田さん”だけは、
豆まきをしなくていい
ということを知っていますか?

姓によって豆まきをするかどうかが変わるなんて、
初めて知ったという人も多いでしょう。

姓と豆まきになんの関係があるのか、
不思議ですよね。

なぜ、渡辺さんと坂田さんは、
豆まきをしなくてもいいのか?

ここではその理由や、
由来について詳しく迫っていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

節分に豆まきをする理由とは?

渡辺坂田豆まきしなくていい

渡辺さんや坂田さんが豆まきをしなくていい理由の前に、
まずは節分そのものの由来を振り返ってみましょう。

節分とは、季節の変わり目である“立春”のこと。

昔から季節の変わり目には
邪気=鬼が生じると言われており、
それを追い払うための儀式が豆まきです。

穀物は神様からの授かりものであり、
神聖な力が宿っているとされるため、
豆=魔滅(まめ)をまくことで邪気を追い払っていました。

つまり、豆まきをする必要がないということは、
鬼がやって来ることがない、ということなんです。

Sponsored Link

渡辺さんが豆まきをしなくていい理由とその由来は?

豆まき本来の由来がわかったところで、
いよいよ本題に入りましょう。

渡辺さんが豆まきをしなくていい理由には諸説ありますが、
大筋は同じです。

かつて平安時代の京都では、
大江山を住処とする恐ろしい鬼、
“酒呑童子(しゅてんどうじ)”
が町を荒らし回っていました。

そこで時の武将・源頼光は、
“渡辺綱(わたなべのつな)”率いる討伐隊を結成し、
見事に酒吞童子を仕留めます。

ただしこれには鬼の方も黙っておらず、
酒吞童子の配下であった“茨木童子(いばらきどうじ)”
討伐隊を襲撃。

しかし渡辺綱は茨木童子すらも返り討ちにし、
鬼たちに恐れられる存在となったのです。

これにより鬼たちは未来永劫、
渡辺一門の子孫にすら近づくことはなくなったため、
渡辺姓の人はわざわざ豆まきをする必要がなくなりました。

中途半端な強さなら、
逆に子孫に復讐ということも考えられますが、
近寄りもしないというところに渡辺綱の相当な強さがうかがえます。

ちなみに、地域によっては
“渡邊さん”や“渡部さん”も、
豆まきをしなくていいという場合があるそうですよ。

坂田さんが豆まきをしなくていい理由とその由来は?

坂田さんが豆まきをしなくていい理由も、
渡辺さんと同じです。

先ほど紹介した酒吞童子の討伐隊の中には、
あの“坂田金時”もいました。

そう、あの昔話の “金太郎”です。

坂田金時は渡辺綱と同じく
“頼光四天王”と呼ばれており、
鬼にとっては自分たちには敵わない恐ろしい相手。

そういった理由から、
鬼は坂田家の子孫にも近づくことがないため、
豆まきをしないという風習につながりました。

豆まきをしなくても鬼が来ないというのは、
とてもありがたいことです。

ですが小さな子どもにとっては、
一大イベントである豆まきができないのは
ちょっと寂しいかもしれませんね。

◆豆まきで鬼を迎え入れる姓もある

豆まきをしなくても鬼が近寄ってこない
渡辺さんや坂田さんに対し、
逆に節分に鬼を迎え入れる姓もあります。

それが“鬼”がつく姓の人

鬼塚さんや鬼頭さんなんかがそうですね。

これらの家では“鬼を追い出すと縁起が悪い”と言われるため、
“鬼は外、福は内”ではなく
“福は内、鬼も内”という掛け声で豆まきをします。

鬼が近寄らない渡辺さん・坂田さんと、
鬼を味方につける鬼塚さん・鬼頭さん。

どちらもそれ以外の名字の人からすると、
不思議ないわれがあって羨ましいですね。

渡辺さんと坂田さんは豆まきをしなくていい!?その理由は? まとめ

渡辺さんと坂田さんが豆まきをしなくていい理由について、
詳しく紹介しましたが、
いかがでしたか?

姓によって豆まきの必要性が変わるというのは、
とてもおもしろいですよね。

もしもあなたの知人に渡辺さんや坂田さんがいたら、
豆まきをしているかどうか、
確かめてみてください。

LINEで送る
Pocket