LINEで送る
Pocket

節分と言えば豆まき!

“鬼は外!福は内!”と言いながら、
鬼に豆を投げて厄払いをします。

子供のころに、
家族で豆まきをした経験はあるでしょう。

そこでちょっと思い出してみてください。

豆まきでは、どんな豆を投げていましたか?

じつは、豆まきでどんな豆を使うかは、
地域によって違いがあるんです。

もしかすると、あなたが常識だと思っていたその豆が、
少数派かもしれませんよ!

ここでは、そんな豆まきの“豆”について、
種類や地域差
などをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

節分の豆の種類に決まりはある?

節分豆種類

節分にまく豆の種類と言えば、
一般的には“大豆”

昔から大豆を含め穀物には、

「神様からの授かりもので、神様の力が宿っている」

とされていました。

このことから、
神聖な力を持った穀物を鬼に投げつけることで、
厄を払う効果があると思われていたのです。

そのため、昔の節分では大豆だけではなく、
米や麦などを投げていたという記録もあります。

現在の豆まきが定着したのは、
“魔滅・魔目(まめ)”という語呂合わせから、
厄除けと言えば豆、
という形ができあがったとされています。

そもそも穀物であれば効果は同じなので、
豆の種類にも正解・不正解はありません。

大豆ではなく落花生だろうが、
なんならそら豆やいんげん豆でもOK!

ただ、やはり季節的なものや投げやすさを考えると、
大豆がベストだったということですね。

Sponsored Link

地域で異なる豆の種類!あなたは大豆派?落花生派?

かつては穀物ならなんでもよかったとは言え、
やはり現在の豆まきの主流は大豆です。

しかし地域によっては、
落花生こそがスタンダードだ、というところも。

豆まきに落花生を使っているのは、
東北地方、信越地方、北海道

それと鹿児島や宮崎など。

これらの地域では節分の時期になると、
当たり前のようにスーパーに落花生が並びます。

落花生を使う豆まきは、
元々北海道で生まれたという説があり、
落花生を使う理由としては、
まず雪の中でも拾いやすいから。

そして落花生には殻があり、
拾ってそのまま食べられるので、
衛生的だし無駄にならないということ。

大豆よりも高カロリーで
栄養があるということ。

このような利点があるため、
北海道発祥の落花生での豆まきは、
北国を中心に広まっていったと考えられます。

鹿児島や宮崎など暖かい地域で広まった理由は、
落花生の生産が多いから。

ですが、落花生の生産日本一である千葉県は、
大豆派が大多数だというから不思議ですね。

多様化した現代の豆まき!こんなものをまくの?

近年では豆まきでまくものも多様化しており、
大豆でも落花生でもない場合も。

ここからは、“こんなのもアリ?”というような、
変わった例を紹介しましょう。

◆ナッツ類

豆まきの後には、
年の数だけ豆を食べるという風習がありますが、
大豆は食べてもそれほど美味しいものではありません。

より食べて美味しい豆を、ということで、
アーモンドやカシューナッツなどを
使うという人もいますよ。

◆お菓子

子供が大喜びするのは、
やはり豆よりもお菓子ですよね♪

単にお菓子と言っても、
豆に関連したものを投げると、
厄除けの意味にも合います。

ナッツ入りのチョコ菓子や、
和風なところでは甘納豆など。

個包装のものなら、
掃除もかなり楽ですよ!

◆納豆

確かに豆だし、
匂いからして厄除け効果も高そう。

ただし投げるのにはいろんな意味で勇気が必要なので、
投げずに普通に食卓に登場させるのがおすすめです。

節分の豆の種類!決まりはある?大豆や落花生など地域ごとの違い! まとめ

節分の豆の種類について、
由来や地域による違いなどを紹介
しましたが、
いかがでしたか?

掃除のしやすさや投げやすさ、
あとで食べることを考えて…など、
様々な視点から投げるものを選んでみてください。

もしかすると今後、大豆・落花生に続く、
第三勢力が出現してくるかもしれませんね。

LINEで送る
Pocket