Pocket

邪気を追い払い福を呼び込むための豆まき

多くの場合はこれを大豆で行いますが、
大豆での豆まきは難点も多いです。

特に子どもがいる家庭だと、
豆が嫌いな子もいますし、
大豆だとテンションが上がりません。

しかも小さなお子さんの場合は、
誤飲の危険性もあります。

そして片付けをする親の立場からすると、
まいた大豆を掃除するのは大変…

これらの理由から、
近年では節分に豆以外のアイテムを使って、
豆まきをする
という人も増えてきています。

子どもたちも喜び親も助かる。

ここではそんなアイテムを、
紹介しましょう!

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

子どもが喜ぶ節分アイテムベスト5!

豆まき豆以外まくもの

豆まきは伝統のある大切な行事ですが、
小学生にもなると、
“そんな子供っぽいことやらない”
なんて言い出す子どもも。

そこで、豆まきをより楽しいイベントにするため、
豆以外で子どもが喜ぶアイテムを紹介しましょう。

◆個包装のお菓子

大人になった今なら
大豆も美味しいと思えるのですが、
やはり子どもたちに大豆は不人気。

そこで、子どもが食べて喜ぶものと言えば、
“お菓子”です。

小さな個包装のものを投げれば、
後片付けも楽だし、衛生的にも問題なし。

ただしスナック系やクッキー系のお菓子は、
投げると割れたり粉々になったりするので止めましょう。

また、当たると痛い固いお菓子、
例えば飴などもやめておいたほうがいいですね。

おすすめは、マシュマロやグミなど、
人や物に当たっても大丈夫なお菓子です。

◆手作りの紙製豆(クジ付き)

食べ物を投げることに抵抗があるという人には、
手作りの紙製豆がおすすめ。

折り紙やコピー用紙、新聞紙などを小さく丸め、
お子さんと一緒に豆を作っちゃいましょう。

ただそれだけではあまり面白みがないので、
豆のうちいくつかに
クジを紛れ込ませてみるのも1つのアイデア。

番号を書いて丸めておき、
投げ終わった後は回収して
お菓子などの景品と交換します。

これなら子どもたちもこぞって豆を拾うので、
後片付けも楽ちんですよ!

◆スーパーボール

投げて楽しいものと言えば、
スーパーボール!

よく跳ねるしカラフルでいろんなデザインがあるので、
子どもが喜ぶこと間違いなし。

ただし、スーパーボールは当たるととても痛いので、
人ではなくダンボールなどで鬼を作って、
それに向かって投げるようにしましょう。

そしてできるだけ物の少ない、
ボールがハネても問題ない場所で行ってください。

あらかじめ、
“本気で投げない”
“物や人に向かって投げない”

などのルールを決めておくと、安全に遊べますよ。

◆お金

子どもも小学生くらいになると、
お菓子などではあまり喜びません。

そんな子でも大いに盛り上がってくれるのは、
やはりお金

子どもにとっては、たとえ1円玉でも、
お金というだけでかなりテンションが上がります。

“鬼は外”では外に向かって豆を投げて、
“福は内”で家の中でお金をまく、
というパターンの人も多いようです。

小銭をそのまままいてもいいし、
丸めた紙をまいて、
そこに書かれた金額をゲットできるというのも面白いですよ。

◆お餅

神社で行われる節分の祭りなどでは、
お餅がまかれることも多いです。

これを家庭で真似してみるのもいいですね。

元々、穀物には神聖な力があるとされて
“豆まき”が始まったので、
お米からできているお餅もピッタリ。

2~3cm角に切った餅をラップ等で包むと、
投げやすくなりますよ。

投げた後は拾って、
温かいお汁粉にするのがおすすめ!

Sponsored Link

豆まきで豆以外でまくもの!子どもが喜ぶ節分アイテムは? まとめ

豆以外で、
豆まきにまくアイテムを紹介
しましたが、
いかがでしたか?

どれも子どもが喜ぶものなので、
毎年趣向を変えながら行うのもいいですし、
お菓子とお金といったふうに、
組み合わせてみるのも楽しいですよ。

いろいろな工夫をして
“我が家ならでは”
の豆まきをしてみてくださいね!

Pocket