Pocket

中学生ともなると一般的に思春期を迎える時期。

それだけに、家庭だけでなく学校での生活も、
大切になってきます。

そんな学校生活で大事になってくるのが、
担任の先生を含めた中学校の教師

その後の人生に大きな影響を与えることも珍しくはないですよね。

それだけに中学校の入学式では、
教師は生徒からはもちろん、
親御さんからも厳しいチェックが入ります。

容姿はいきなりは変えられませんが
服装を変えるだけで、
全然印象は変わってきます。

そこで今回は、
中学校の入学式にふさわしい教師の服装についてまとめまし!

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

女性教師が中学校の入学式に身に着ける服装とは?

スーツがいい?袴がいい?

入学式のような格式高いイメージを出したい時に、
袴という選択肢があります。

確かにドラマなどでも、
袴を着ている教師のイメージがあるかもしれません。

ですが、袴はできるかぎり卒業式に取っておきましょう

まだ入学式の時点では、生徒本人も親御さんも、
先生との関係性は築けておらず、
どんな先生か分からない手探り状態。

そこで、自分が目立ってしまう袴は避けたほうがベターと言うわけです。

関係性が築けている卒業式では、むしろ袴は格式も上がり、
印象がアップするのではないでしょうか?

そうなると、やはり無難なのは、
スーツスタイルということになります。

年配の教師であれば、
ブラウスを柄物にするのもアリですが、

若い教師の場合は、
第一印象で悪いイメージを持たれないためにも、
白などのオーソドックスなものが無難ですよ。

Sponsored Link

色や?アクセサリーは?

スーツの色に関しては、やはり黒、グレー、ベージュなど、
比較的地味なカラーのスーツが良いでしょう。

ただ、これだと日ごろと変わり映えしないので、
ワンポイントで、コサージュやブローチを付けてみてください。

コサージュやブローチを付けるだけで、
いつもと違う式典仕様に早変わりしますよ!

ただ、普段付けないぶん、
どんなコサージュやブローチがいいのか、
ちょっと悩んでしまいますよね?

そんた時に便利なのが、
コサージュのレンタル業者

毎回新しいものを買うのは大変なので、
上手にコサージュのレンタル業者を利用して、
イメージにあった物を探してください。

しかし、あくまでも生徒が主役。
目立ちすぎないように注意しましょう。

男性教師が中学校の入学式に身に着ける服装とは?

男性教師の入学式の服装と言えば、
スーツですよね。

ですが、校長先生は燕尾服を着用するなど、
あながちスーツ一択というわけではないようです。

当然、ジャージ姿はNGですが、
クリーニングにも出していないヨレヨレのスーツも、
着ていかないようにしてくださいね!

清潔感のあるスーツで、
ネクタイも派手すぎないものをチョイス。

入学式は生徒にとって晴れの舞台

その舞台を台無しにしないよう、
控えめなネクタイにしましょう。

控えめと言っても、
あまりにも地味過ぎると、
かえってイメージを悪くしてしまいます。

なので、
あらかじめ同僚や先輩の教師に、
どんな柄のネクタイがいいのかを聞いておきましょう。

一教師が燕尾服は大げさですが、
ビシっと決めた礼服であれば、
生徒にも親御さんにも、好感触を与えるはずですよ。

中学校の入学式!教師の服装はどんな服がふわさしい? まとめ

中学校の入学式で教師の服装はどんな服がふわさしいのか、
についてまとめました。

いかがでしたか?

やはり初めて見たときの第一印象というのは
大きく記憶に残ります。

多感な時期の中学生だと尚更かもしれませんね。

派手過ぎず地味過ぎない
清潔感のある服装をチョイスして、
その後の生徒や親御さんとの関係性を良好なものにしてくださいね!

Pocket