Pocket

運動会の玉入れは、
みなさん一度は経験した事がある、
定番の競技。

安全で、ルールも簡単なので、
幼稚園児から大人まで、
みんなが盛り上がれる競技です。

しかし、
実際にやってみると、
意外と難しいですよね。

ただやみくもに玉を投げるだけでは、
なかなか上手にかごに入りません。

ですが、ちょっとしたコツで、
上手にたくさんの玉を、
かごに入れられるようになるんです!

そのコツとは、
”投げ方”と”役割分担”
です!

ということで今回は、
運動会の玉入れで上手にかごに入れるコツを、
詳しく紹介していきます!

最後までしっかり読んで
上手な玉入れの方法をマスターしてくださいね!

Sponsored Link

運動会の玉入れ!上手にかごに入れるコツを2つ紹介!

玉入れ

まずは、玉入れで、
上手にかごに投げ入れる方法を紹介します。

◆真下から投げる

出来るだけ、
かごの真下から投げ入れるようにしましょう。

バスケでも、
遠くから投げるより、
ゴールに近いところから投げた方が、
入りやすいですよね。

また、真下から投げると、
玉がかごに入らなかった場合でも、
自分の近くに落ちてくるので、
拾う時間を短縮できます。

しかし、人数が多くて、
全員がかごの真下から
投げることが出来ない場合もあります。

そんな時でも、少し離れた場所から、
上手くかごに入れるコツを紹介しましょう。

それは、
「弧を描くように投げる」
ということ。

限られた時間で、
焦ってかごに一直線に投げても、
なかなかうまく入りません。

これも、バスケと同じで、
かごより高い位置を狙って投げ、
かごの中に落下するように投げる
のがポイントです。

自分が投げる位置に合った方法で、
上手に投げてくださいね!

◆玉の持ち方

投げ方だけでなく、
玉の持ち方にもコツがあります。

玉入れでは、
1つずつ玉を投げても効率が悪いので、
出来れば、
一度にたくさん投げたいですよね。

ですが、ただ適当に掴んで投げても、
玉が空中でばらけてしまって、
うまく入りません。

なので、
ちょっとした工夫が必要です。

まず、手のひらの付け根をくっつけ、
その中に、ピラミッドを逆さまにした、
「逆三角形」に玉を積み上げてセットします。

この状態で投げると、
玉がバラバラになりにくく
まとめてかごに入れることが出来ますよ。

ちなみに、この方法は、
かごの真下から投げる人に向いた方法です。

少し離れたところから投げる人は、
1~2個ずつを、
確実に投げ入れるようにしましょう!

Sponsored Link

運動会の玉入れ!効率的にかごに入れて勝つ方法を紹介!

個人競技のように見える玉入れですが、
チームワークを駆使することで、
勝利の確率が上がりますよ!

玉入れの勝率を上げるには、
役割を決めましょう。

玉入れの役割には、

  • 投げる
  • 拾う
  • 渡す
  • の3つがあります。

    それぞれ役割分担をすることで、
    効率的に、
    玉をかごに入れることが出来ますよ。

    それぞれの役割について、
    詳しく紹介しましょう!

    ◆玉を投げ入れる人

    かごの真下にいて、
    ひたすら玉を投げ入れる人です。

    この人達は、
    ピラミッドを逆さにした、逆三角形に玉を積み上げて、
    投げる方法を使いましょう。

    チームの中でも、背の高い人や、
    バスケ経験者が向いています。

    玉入れ

    ◆玉を拾う人

    かごに入らなかった玉を拾って、
    次に紹介する、
    「渡す人」の近くに玉を集める係です。

    3つの役割の中で、
    1番動き回るので、
    小柄で俊敏な動きが出来る人が向いています。

    ◆玉を渡す人

    「投げる人」の近くに居て、
    玉を渡す人です。

    先ほど紹介した、
    「逆三角形」の形にセットした状態で、
    「投げる人」に渡しましょう。

    この時、「投げる人」は、
    両手の付け根をくっつけた状態で玉を受け取ると、
    すぐに投げらる事ができますよ。

    このポジションは、
    比較的だれでも向いているので、
    役割を決める時は、
    「投げる人」と「拾う人」から決めましょう。

    運動会の玉入れ!かごに入れるコツは?勝つための方法を紹介! まとめ

    運動会の玉入れで、
    かごにうまく入れるコツや、
    勝つための方法を紹介しました。

    いかがでしたか?

    玉入れは、投げ方を工夫して、
    チームで役割分担をすることで、
    勝利の可能性がぐんと高まりますよ。

    この記事を参考にして、
    息の合ったプレーで、
    運動会で優勝を目指してくださいね!

    Pocket