Pocket

綱引き

運動会には欠かせない定番の競技。

 

ちいさな子どもから大人まで、

みんなが参加できて盛り上がれますよね。

 

簡単そうに見えますが、

ただ思い切りロープを引っ張るだけでは勝てません!

 

全体の重量が大きい方が有利な綱引きですが、

実は並び方握り方をちょっと工夫するだけで、

確実に勝率が上がるのです。

 

そこで今回は、

運動会の綱引きで勝つ方法を、

並び方と握り方に分けてくわしく紹介します。

 

「クラス全員参加の綱引きで絶対勝ちたい!」

「勝って子供たちに良いところを見せたい」

という方は、ぜひ参考にしてくださいね!

Sponsored Link

【運動会の綱引き必勝法!並び方のコツを5つ紹介!】

 

綱引きの並び方では、

今から紹介する5つのポイントに注意することが大切です。

 

■背の高い順に並ぶ

先頭から背の高い順に並びましょう。

 

引き始めの位置が高くなればなるほど、

体重をかけてロープを引きやすくなるからです。

 

また前後の身長差がバラバラだと、

横から見るとロープが凹凸の形になり、

力が分散されてしまいます。

 

なので、

出来るだけ背の高い人から順番に並ぶことがポイント

 

背の高い順に並ぶことで、

全体のバランスが良くなり、

十分な力を発揮することができますよ。

 

■等間隔で並ぶ

 

等間隔に並ぶことで

わずかな身長差によるロープの凹凸を防ぐことができます。

 

理想の間隔は、大体1.1m~1.3mです。

人数が多くて十分な間隔がとれない場合は、

なるべく等間隔で並ぶように心がけましょう。

 

■利き手によって左右に分かれる

 

右・左・右と前から左右交互に並ぶ姿を想像する人も多いですが、

利き手に合わせて位置を決めた方が力を発揮しやすくなります

 

右利きの人はロープの左側

左利きの人はロープの右側

 

というように立ちましょう。

 

左利きが1、2人しかいないなど人数の差が激しい場合には、

右利きの中でも左手の握力が強い人を右側に立たせるなどして、

左右の人数がほぼ同じになるように気を付けてください。

 

■男女交互に並ぶ

 

クラス対抗など男女混合で戦う場合は、

男女が交互に並ぶことポイントです。

 

ロープの前半と後半で強弱の差を減らすことで、

全体の力のバランスが良くなります

 

■最後尾に力の強い人を配置

 

最初に背の高い順で並ぶよう説明しましたが、

最後尾は必ず一番体格が良く力持ちの人を配置しましょう。

 

ロープの端っこに重量がかかることで、

ストッパーの役割を果たすことになって、

相手チームが重いと感じやすくなります

 

以上が、綱引きでの並び方のポイントです。

 

Sponsored Link

 

【運動会の綱引き必勝法!綱の握り方のコツを紹介!】

 

続いては、綱引きでのロープの握り方のコツを紹介します。

 

握り方がしっかりしていないと、

個人の力が十分発揮できないので

こちらもしっかり参考にしてくださいね。

 

ロープを握るときは、

  • 利き手によって持ち方を変える
  • 両手の間隔を詰める
  • ロープを脇ではさむ

という3点に注意しましょう。

 

それでは、詳しく解説します。

 

 ■利き手によって持ち方を変える

 

基本的に、

右利きの人は左手が前、右手が後ろ

左利きの人は右手が前、左手が後ろ

で握る方が力が入りやすくなります。

 

■両手の間隔はあけない

 

ロープを握る両手は、

間隔を開けずにぴったりとつけて握りましょう。

そうすることで力が入りやすくなります

 

■ロープを脇ではさむ

 

ロープを脇で挟むことによって、

ロープを引っ張る力がさらに強くなります

 

脇も3本目の手だと思って、

しっかりと力を込めて挟みましょう。

 

 

以上が、握り方のコツです。

 

今お伝えした握り方はあくまで基本の形なので、

もし紹介した握り方でしっくりこなければ、

自分が一番力を入れやすい握り方にすることが大切です。

 

【運動会の綱引き必勝法!並び方や握り方のコツを覚えて勝つ!まとめ】

 

いかがでしたか?

 

綱引きでの並び方と握り方のコツをくわしく紹介しました!

 

簡単そうに見える綱引きですが、

今回紹介したコツを活用することで

効率的に勝つことが出来ます。

 

また戦略的に戦うことで、

勝利したときの喜びも倍増するはず!

 

ぜひ今回の記事を参考にして、

今年の綱引きでは勝利を目指してください!

Pocket