Pocket

子どもも大人もみんな大好き、
定番アイスの「ガリガリ君」

誰しも一度は食べたことがあるでしょう。

ガリガリ君は美味しいのももちろんですが、
人々を魅了するのは、
やはり”当たりつき”というところ。

特にお小遣いの少ない子どもにとっては、
「当たるともう一本!」
というのはかなりの魅力です。

しかし、なかなか当たりが出ない!と
悔しい思いをしたことがある人も多いのでは?

そこで今回は、
ガリガリ君の当たりの確率や、
当たりの見分け方
について調べてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

ガリガリ君の当たりの確率はどのくらい?

ガリガリ君

ガリガリ君の当たりの確率について、
まずは公式発表されているかどうか調べてみました。

公式サイトQ&A
https://www.akagi.com/campaign/faq/gari.html

公式ホームページを確認してみると、
具体的な確率については非公開
ということになっていますね。

景品法の範囲内ということは、
単純に考えれば最高でも2%

しかし、一説によると、
ガリガリ君の当たりの確率は、
”3.2%”だと言われています。

この数字は、
一体どのようにして算出されたものなのでしょう。

そのヒントは”箱買い”にありました。

ガリガリ君を箱買いする場合、
1箱に入っているのは32本。

厳密に言えば、「31本+あたり分1本」なんです!

つまり、31本のうちどれかに必ず当たりがあり、
当たり分として提供する1本が、
あらかじめ箱に入っているというわけですね。

これを計算すると
31分の1=1÷31=0.032…

よって、ガリガリ君の当たりの確率は、
「3.2%」
となるわけです。

◆景品法には違反していないの?

「景品法に違反している?」
との疑問もありますが、
当たり確率3.2%と言うのは
「通常のガリガリ君」に限った話。

ガリガリ君には単価の高い「リッチシリーズ」があり、
そちらは通常のガリガリ君よりも、
当たり確率が低めに設定されているという話があります。

そのため、シリーズ合算での当たり確率は、
おそらく2%以内に調整されている、
ということなのでしょう。

Sponsored Link

ガリガリ君の当たりの見分け方は?開けずにわかる方法!

ガリガリ君を箱買いすれば、
必ず1本は当たりが出る
ということがわかりました。

ですが、なかなか箱買いというのは、
ハードルが高いですよね。

そもそも、箱買いで当たりが出ても、
ありがたみも嬉しさも全くありません。

当たり確率3.2%というのも
あくまでも”確率”なので、
100本買って1本も当たらない…という可能性も。

そこで!

より確実に当たりを手に入れるために、
「袋を開けなくても当たりがわかる」
と噂される、
2つの方法を紹介しましょう。

◆バーコードの5番目の線が太い

ガリガリ君の袋の裏側にある、
バーコードに注目してください。

このバーコードの5番目の線が、
他のパッケージのものに比べて太い場合
当たる確率が高いと言われています。

◆パッケージ裏の■マークが小さい

こちらも、パッケージの裏側に注目。

パッケージ裏側の端に、
黒い■マークが印刷されている部分があります。

この■マークが小さいものの方が、
当たる確率が高いと言われています。

以上2つの方法が、
ガリガリ君の当たりを見分け方として、
巷で噂になっている方法です。

本当に当たりの確率が高くなっているのかは、
分かりませんが、
当たるも八卦、当たらぬも八卦

ということで、
気になる人は一度試してみてください。

ただし!
これらの方法を試す際に、
気を付けてほしいことがあります。

それは、お店や他のお客さんに、
迷惑をかけないようにするということ。

売り場の前で長々と選んだり、
商品を触りすぎて溶けてしまう、
なんてことが無いようにしてくださいね。

あくまでも、ささっと選べる範囲で、
参考にする程度にとどめましょう。

ガリガリ君の当たりの確率!見分け方はある?開けずにわかる方法!まとめ

ガリガリ君の当たりの確立や、
開けずにわかる見分け方
などについて、
まとめてみました。

いかがでしたか?

見分け方については、
信じるも信じないもあなた次第。

これからガリガリ君を購入する時には、
ちょっと見分け方を意識してみても、
いいかもしれませんね。

Pocket