Pocket

災害が起こった時には早めの避難が重要!

台風や大雨の場合、
地震などの予期せぬ災害とは違い、
ある程度避難するまでに余裕があります。

しかし、それが逆に、
避難のタイミングに対する判断を
鈍らせてしまう場合も。

「もう少し早く避難していれば…」
なんてことにならない為には、
避難のタイミングを、
しっかりと見極めなければなりません。

ここでは、台風や大雨の時に、
どのタイミングで避難すればいいのか?
避難時の行動の心得や注意点
なども紹介するので、
ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

台風や大雨の時の避難するタイミングは?

大雨避難タイミング

台風や大雨の時、
避難のタイミングの目安となるのは、
自治体から発令される「避難情報」です。

自治体から発令される指示は、
段階別に

「避難準備情報」
「避難勧告」
「避難指示」

の3つ分かれます。

それぞれの違いを説明しましょう。

◆避難準備情報

今後、避難勧告が発令される可能性が高い場合、
まずは「避難準備情報」が発令されます。

避難に時間のかかる高齢者等は、
避難準備情報が発令された時点で、
避難の準備を始めましょう。

また、避難経路が冠水しやすいルートの場合も、
この時点からの避難をおすすめします。

管理人の実体験で、
「避難勧告」が出た時には、
既に避難所までのルートが冠水して
通れなくなっていたということがありました。

早めに行動しても損することはないので、
「避難準備情報」の時点で避難するようにしましょう!

◆避難勧告

災害によって、
人的被害が発生する可能性が高い場合に発令されます。

河川や海の近く、または山際など、
浸水や高潮、土砂崩れの危険性が少しでもある場所では、
この時点で速やかに避難してください。

◆避難指示

災害によって、
人的被害が出る危険性が非常に高い場合、
もしくは既に人的被害が出た場合に発令されます。

強制力はないですが、
ただちに避難をしてください!

ただし、この時には既に、
「外に出て避難するのも危険」
という状況になっていることも。

避難指示が出る前に、
避難を終えておくことが望ましいですね。

◆避難情報以外でも自己判断で避難を!

自治体から発令される避難情報は、
あくまでも予測や目安です。

「まだ避難準備情報の段階だから、
何も起こらないだろう」
と油断してはいけません。

  • 側溝から水が溢れ出している
  • 山の斜面から音がする
  • 山の斜面にひび割れがある
  • 過去にも浸水や土砂崩れが起きた

このような状況が確認された場合は、
避難情報が出ていなくても
自主的に避難をしましょう!

事前にハザードマップを確認し、
危険性が高い場所を把握しておくのも大切ですよ。

Sponsored Link

台風や大雨で避難する時の心得と注意点!

ただ闇雲に避難したのでは、
避難途中で危険に陥ってしまう可能性もあります。

以下のことを頭に入れておき、
できるだけ冷静に避難行動を行いましょう。

  • 持ち物は両手が使えるリュックに入れる。
  • 傘はなるべく使わずレインコートを使用する。
  • 底が厚めで履きなれた靴を着用する。
    (長靴は、動きづらいこともある)
  • 冠水している場所は避け、
    やむを得ない場合は棒などで
    足元の安全を確認しながら進む。
  • 道路が冠水していて、
    どこまでが道なのかわからない等、
    場合によっては車での避難を避ける。
  • 河川のそば、山際、堤防などは近寄らない。
  • 既に数十センチの浸水がある場合や、
    深夜で避難経路の安全がわからない場合などは、
    無理に避難をしない。
  • 完全に安全が確認できるまでは戻らない。

避難の途中で危険に見舞われてしまうケースや、
せっかく避難しても戻ってしまったがために、
怪我や命を落としてしまった、
というケースもあります。

避難にも十分な注意を払い、
一度避難したら、安全が確認できるまでは、
決して戻らないようにしましょう!

台風や大雨の避難のタイミングは?行動する時の心得や注意点!まとめ

台風や大雨の時の避難のタイミングや
避難する時の注意点
を紹介しました。

いかがでしたか?

一番大切なのは、
油断せずに早めの避難をすること。

そして、
避難する際や避難した後にも注意を払うこと。

普段から避難について、
頭の中でシミュレーションしたり、
実際の避難経路を確認しておくなどしておくと、
いざというときにスムーズに行動できますよ!

Pocket