Pocket

地震というのは、
ある日突然、人々を襲います。

避難に関しても、
瞬時の判断が必要になるので、
いざその時になるとパニックになってしまう人も。

そこで、もしも地震が発生した時に備えて、
あらかじめ避難のタイミングや、
避難時の注意点などを確認しておきませんか?

そうすることで、実際に地震が起きた時に、
冷静に避難の判断ができるはずです。

ここでは、地震の時の避難のタイミングや、
避難する時の注意点
などを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

地震の時の避難のタイミングは?

地震,避難,タイミング

地震が起きた場合、
周囲の状況によって避難のタイミングが変わります。

また、必ずしも、
避難が必要な状況になるとは限りません。

避難が必要か否か、
その判断基準はどうすればいいのか?
ケース別に主な判断基準を紹介します。

◆すぐに避難が必要なケース

▼家屋が倒壊する恐れがある場合

地震によって家屋にヒビや傾きなど、
ダメージがある場合は、
速やかに避難しましょう。

▼津波が来る恐れがある場合

事前にハザードマップ等で、
津波が来る恐れがあるかどうかを
確認しておきましょう。

津波が来る恐れがある場所では、
一刻も早く高台へと避難してください。

避難勧告が出た場合も速やかな避難を。

▼火災の恐れがある場合

地震そのものの影響がなかったとしても、
近くで大規模火災が発生した場合は、
速やかに避難しましょう。

また、ガス漏れが起こっている場合も、
離れた場所へと避難してください。

▼土砂災害の恐れがある場合

山の斜面から音がしたり、
斜面にヒビが入っている場合などは、
すぐに避難をしてください。

◆身の安全を確保後、避難が必要なケース

▼ライフラインが遮断された場合

家屋自体は何ともなくても、
電気水道ガスがどれも使えず食料も水もない。

そんな時には避難所へと足を運び、
食料や水の確保をしましょう。

▼家屋倒壊の危険性がある場合

ヒビや傾きなど目に見える損傷がなくても、
きしむ音がしたり
家屋の耐震性に不安がある場合は、
余震に備えて避難しましょう。

◆避難するタイミング

▼まだ揺れが続いている場合

例え揺れが弱くなったとしても、
まだ振動が続いているうちは、
慌てて逃げようとしないでください。

完全に揺れが止まったのを確認後、
外に避難するようにしましょう。

▼高層ビル等の多い都市部の場合

高い建物に囲まれた場所の場合、
すぐに外へ出てしまうと、
割れたガラスなど、落下物の危険があります。

建物の倒壊や津波などの危険性が少ないなら、
揺れが収まってしばらくしてから
避難を開始しましょう。

Sponsored Link

地震発生時の避難の注意点!

避難時には、
とにかく慌てて行動してしまいがち。

ですが焦れば焦るほど、
二次被害が起きてしまう危険性
高くなってしまいます。

避難行動時には、
以下のようなことに注意しましょう。

  • コンロの火を消しガスの元栓を締める。
  • 電気のブレーカーを落とす。
  • 底が厚く歩きやすい靴を履く。
  • 荷物は両手が使えるようリュックに入れる。
  • 倒壊や落下物の危険がある建物、
    または塀や自動販売機の近くを通らない。
  • ヘルメットや鞄で頭を守る。
  • 電柱や地面のひび割れがある場所に近づかない。
  • 切れた電線に触らない。
  • 津波が発生した場合は高台を目指す。
  • 火災が起きた場合は風上へ逃げる。
  • 揺れが収まっても、
    完全に安全が確保されるまでは絶対に戻らない。

これらの点に注意することで、
より安全に避難行動をとることができますよ。

スムーズに避難ができるように、
日頃から避難所の場所や、
避難ルートを確認しておきましょう!

地震の時の避難のタイミングは?判断基準と行動する時の注意点!まとめ

地震が起きた時の避難のタイミングや、
避難時の行動の注意点
などを紹介しました。

いかがでしたか?

「避難勧告や避難指示が出たら避難しようか」
と考える人もいるかもしれません。

が、少しでも身の危険を感じたら、
自己判断で避難をしましょう。

地震が起きた時にはとにかく冷静に、
周りの状況をよく確認してください。

この記事で紹介した避難の判断基準に合わせて、
早めの行動を心がけてくださいね。

Pocket