Pocket

日本は地震や津波、台風など、
様々な自然災害が起きやすい、
災害大国です。

災害が起こった時には、
速やかな避難が命の分かれ目。

それでは、いざ避難するとなった時に、
どんなものを持って行けばいいのでしょうか?

ここでは避難する時の持ち物について、
最低限必要なもののリストや、
貴重品に何を持っていくか
を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

避難する時の持ち物で最低限必要なものリスト!

避難

いざ避難するとなると、
しばらく家に帰れなくなります。

そうすると、あれもこれもと
多くの荷物を持って行きたくなりますよね。

ですが、緊急事態に、
そんな大荷物を持って逃げるのは不可能。

そこで、
”必要最低限これだけは持ち出したい”

という持ち物を、
リスト形式でピックアップしました。

参考にして、
避難用の荷造りをしてください。

◆最低限必要なものリスト

□現金

千円札数枚、
小銭は10円玉と100円玉を10枚程度。

公衆電話での連絡や、
ちょっとした買い物に必要。

□携帯電話・スマホ

救助要請や安否確認の連絡、
現状把握に役立ちます。

□携帯用充電器

電池タイプやバッテリータイプなど、
コンセントが無くても使えるものを。

□タオル

体を拭いたりマフラー代わりにしたり、
様々な用途に使えます。
フェイスタオルサイズで1~2枚。

□懐中電灯

予備の電池も忘れずに。

□水

500mlのペットボトルで1〜2本。
入れすぎると重くて移動の妨げになるので注意。

□非常食

軽くて日持ちする、
ビスケットや飴がおすすめ。

□ビニール袋

配給されたものを入れたり、
汚れものを入れたりできます。
コンパクトに折りたたんで2~3枚。

□常備薬・メガネ

常備薬や予備のメガネ、
またはコンタクトレンズなど。

□保険証等のコピー

保険証、おくすり手帳、身分証明書など、
まとめて1枚の紙にコピーしておくと、
かさばらず便利ですよ。

◆女性

□生理用品

下着の汚れ予防にも使えますよ。

◆子供

□紙おむつ

そのままだと少量でも場所を取るので、
圧縮袋に入れておくといいですよ。

□ミルク・離乳食

普段は母乳のお母さんでも、
非常時には母乳が止まってしまうことも。

粉ミルクは軽くて持ち運びに便利ですが、
水やお湯がなくても使える
液体ミルクもおすすめ。

□おしりふき

おしりふきがあれば、
赤ちゃん以外にも手や体を拭くのに使えますよ。

□母子手帳

母子手帳そのものがかさばる場合は、
必要部分(出生時の情報や病歴、予防接種記録等)
のコピーでもOK。


以上が、本当に必要最低限
非常時に持ち出したいものです。

◆あると便利なもの

上記以外にも荷物に余裕があれば、

  • 水と食料(追加分)
  • ラジオ
  • ヘルメット
  • 防寒着
  • ライター
  • 着替え(特に靴下や肌着)
  • ホイッスル
  • アルミシート
  • 軍手
  • 携帯トイレ
  • ウェットシート
  • マスク

などを、
必要に応じて準備しておきましょう。

これらのものも、
「非常持ち出し袋に入れておきましょう」
と言われることが多いです。

が、ハッキリ言って、
これらを全部入れた袋を持って逃げるのは大変。

避難時の持ち物は、
念のためあればあるほどいい!
と思われがちですが、
緊急時の避難では、
”身軽なこと”が何よりも大切ですよ。

Sponsored Link

避難する時に貴重品は何を持っていく?

必要最低限の荷物は上に書いた通りですが、
やはり”貴重品”は持って避難したいですよね。

万が一被災した場合、
下記のリストのものを持ち出していると、
後々の手続きの手間を最小限に抑えたり、
火事場泥棒の被害を避けることができますよ。

  • 通帳
  • キャッシュカード
  • 印鑑
  • 土地建物などの重要書類
  • 保険証
  • 保険証券
  • 年金手帳
  • 免許証
  • パスポート
  • 高額な貴金属類

全部持ち出す余裕がある場合はいいですが、
余裕がない場合に備えて、
それぞれのコピーを準備しておくと安心ですね。

また、避難所に移動してからの盗難が心配という人は、
南京錠をキーホルダー代わりにして、
リュックにつけておきましょう。

貴重品から目を離す時は、
その南京錠でファスナー部分をロックしてしまえば、
少し安心できますよ。

避難の持ち物!最低限必要なものリスト!貴重品は何を持っていく?

避難の際に最低限必要な持ち物や、
貴重品について
まとめてみましたが
いかがでしたか?

ひとつ気を付けてほしいのが、
“何よりも命が最優先“ということ。

完全な手ぶらで不便をすることはあっても、
「あれがなかったから命を落とした」
ということはかなりのレアケース。

避難時の荷物は必要最小限にとどめ、
まずは速やかに逃げることを心がけましょう!

Pocket