Pocket

災害時に持って避難する防災グッズ

今では様々なタイプの
「非常持ち出し袋」
が販売されていますが、

一人暮らしの女性にとっては
少々中身が多すぎると感じることも少なくありません。

荷物が重すぎて、
避難の足が遅くなってしまうのでは
本末転倒ですよね。

そこで今回は、
一人暮らしの女性が避難する際に、
最低限必要な持ち物
をまとめて紹介します。

参考にして、
オリジナルの避難袋を作っておきましょう!

Sponsored Link

一人暮らしの女性が避難時に最低限必要な持ち物リスト!

一人暮らし女性避難

まずは、「これだけは最低限必要!」
という持ち物をピックアップしてみましょう。

◆最低限必要な持ち物

□携帯電話

安否確認や救助要請、
現状確認に役立ちます。

□携帯充電器

電池式やバッテリー式など、
コンセントが無くても使えるものを。

□水

500mlのペットボトル1~2本以上。

多すぎると重くなるので、
他の荷物と合せても
持てると思う量だけにしましょう。

□非常食

軽くて日持ちのする、
飴やビスケットなどの菓子類、
少量でも高カロリーな、
栄養補助スナック(カロリーメイトなど)がおすすめ。

□懐中電灯

ラジオや充電器と一体型のものも便利ですが、
大きく重くかさ張りがち。

女性には小型のLED式懐中電灯がいいですよ。
予備の電池とセットで持っておきましょう。

□現金

千円札数枚と、
10円玉・100円玉を各10枚ずつほど。

公衆電話やちょっとした買い物で使います。

□タオル

薄手のものを2~3枚。

防寒具代わりにしたり体を拭いたり、
いざというときは生理用品の代わりにも使えます。

□ビニール袋

汚れ物を入れたり、
配給されたものを入れたりできます。

2~3枚は入れておきましょう。

□下着

ショーツの替えを、
1~2枚用意しておきましょう。

□生理用品

かさ張らないスリムタイプがおすすめ。
下着の汚れ防止にも役立ちます。

□携帯トイレ

女性は男性に比べて、
トイレが使えない場合の緊急度が高いです。

少しでも人目を避けやすい、
ワンタッチタイプがおすすめ。

□常備薬・メガネ

常備薬やメガネの予備を入れておきましょう。

□保険証等のコピー

保険証、おくすり手帳、身分証明書などを、
まとめて一枚の紙にコピーしておくと便利ですよ。

以上、一人暮らしの女性に、
最低限必要な避難グッズをリストアップしました。

女性ならではの衛生用品などは、
過去の災害の時でも、
避難所での不足が問題となっていました。

自分から言うのが恥ずかしいと感じたりするので、
あらかじめ自分で用意しておくと安心ですね。

◆避難時にあったら便利な持ち物!

上でリストアップしたもの以外にも、
あったら便利な持ち物は以下の通り。

  • 水と食料(追加)
  • ラジオ
  • ヘルメット
  • 防寒着
  • ライター
  • 着替え(特に靴下や肌着)
  • ホイッスル
  • アルミシート
  • 軍手
  • ウェットシート
  • マスク

重さや量に余裕がある場合は、
これらのものも追加で用意しておきましょう。

Sponsored Link

あったら嬉しい女性ならではの防災グッズ!

上で紹介した避難グッズは、
本当に必要最低限の持ち物です。

それ以外にも、あったら便利な、
女性ならではのグッズ
があるので紹介しましょう。

□大判のタオルやブランケット

着替えや携帯トイレで用をたす時など、
目隠しの役割を果たしてくれます。

寒い時期には防寒対策にもなりますよ。

なるべく薄手で、
かさ張らないものを選びましょう。

□ヘアゴム・ヘアピン

髪の手入れも十分にできないという場合が多いので、
スッキリとまとめられるように
用意しておくと便利ですよ。

□水のいらない衛生用品

水が使えないと、
シャンプーや洗顔もできません。

女性としては気になってしまいますよね。

そこで、

  • 水のいらないシャンプー
  • 水のいらない洗顔料
  • 水のいらない歯ブラシ

など、水がなくても使える
衛生用品
があると嬉しいですね。

□防犯ブザー

残念ながら、避難所でも、
性犯罪が起きる可能性はゼロではありません。

特に1人で避難する女性は、
自分で身を守る手段を持っておきましょう!

防災グッズ!一人暮らしの女性に最低限必要な持ち物リスト!まとめ

一人暮らしの女性に、
最低限必要な持ち物や、
あったら便利な防災グッズ
を紹介しました。

いかがでしたでしたか?

女性の避難グッズは、
コンパクトで持ち運びやすいことが鉄則。

ですが、男性に比べて、
女性のほうが必需品が多いという
矛盾があります。

自分に必要なものを見極めて、
持ち運びの負担にならないよう、
避難グッズをまとめておきましょう!

Pocket